Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

ニンジャのワザマエ

以前の記事クラス能力に書いたが、D&D3.5eでの基本クラス《忍者》は、オーバーロードの双子忍者「ティア&ティナ」のような派手な能力は持っていない。
しかし、明らかにD&D系を参考にしたと思われる忍術も2つばかしあるので、それについて書き留めておく。


〈闇渡り〉 書籍5巻22p
《影渡り/Shadow jump》
「ダンジョン・マスターズ・ガイド」記載の上級クラス「シャドゥダンサー」が持つ。
影から影への短距離瞬間移動という、日本のマンガとかにも良くある能力である(例:夢幻魔実也


〈影潜み〉 書籍5巻23p
《影隠れ/Hide in plain sight》
アサシン、シャドゥダンサーなど一部の隠密系クラスの持つ能力。
オバロ描写と細部は違うが、身を隠せるような場所がなく人に見られている場合でも近くに「影」があれば技能<隠れ身>を使用できるという強力な物。
あくまで拡張された<隠れ身>で不可視化では無い為透明視能力では見えず、またこんな能力を持つレベル帯の隠れ身を見抜くまで<視認>をあげるのは、技能系クラス以外にはほぼ不可能。

実際のゲーム的にいうと「シー・インビジ持ってるから安心してたらいきなり目の前から消えて急所&致死攻撃くらって即死した」という事態になりかねない。


なお、これらの能力というかクラス《シャドゥダンサー》自体が、ロジャー・ゼラズニイの小説「影のジャック」の主人公の能力が元になっているようだ。

RPGの元ネタについて調べていくと、D&Dを経由して古いファンタジー小説にたどり着く、という良くあるパターンである。