読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

呪文 その15

呪文考察

〈リペア/修復〉第1位階 
《メンディング》 ウィザード呪文ほか 0Lv 及び《メイクホウル》クレリック2Lv
Web版で馬車の軸受けを修理するのに使用。
D&D3.5eにもリペア系呪文はあるのだが、そちらは人造クリーチャー(ゴーレム、ホムンクルス、ウォーフォージドなど)回復用なので修理呪文としての着想元はこちらだろう。

D&D3.5eにはこのような直接戦闘には関係のない呪文も山とある。
フールーダが力説していたように、CRPGには無いそういう呪文を使いこなすのが粋といった風潮もあるが、あまりに戦闘以外の状況打開呪文ばかり準備していると「魔法使い中二病」と後ろ指差されることにもなる、何事もバランスが大事。

 

〈グラビティメイルシュトローム/重力渦〉?位階
《リアリティ・メイルストロム》 ウィザード 9Lv「呪文大辞典」出展
名称はそれっぽいが効果はどちらかというと〈ブラックホール/暗黒孔〉に近い。
ビジュアル的には《スフィアー・オヴ・アルティメット・ディストラクション》ウィザード9Lv あたりが近いか?

 

〈グレーター・レジスタンス/上位抵抗力強化〉?位階
《グレーター・レジスタンス》4Lv 「呪文大辞典」出展
全てのセーヴィング・スロー値(抵抗判定の為の能力値)に+3の抵抗ボーナス 

 

〈リジェネート/生命力持続回復〉?位階
《リジェネレイト》クレリック7Lv ドルイド9Lv
切られた腕とかも生えてくる、単純に回復呪文としてはヒール(6Lv)の方が上。
オバロのようにアンデッドが回復したりはしない。

 追記:呪文の説明に肉体損傷の再生についていろいろ書かれているが、そもそもD&D3.5eにおいて特定部位の損傷は選択ルールでしかなく、実質フレーバーテキストにしかなっていない。

さらに追記:Web外伝ナザリックの『守護者アウラちゃん』では、奴隷エルフの切り落とされた耳について、アウラの治癒魔法で治せ無かったのでペストーニャの強力な癒しの魔法を使ったとあるが、たぶんこの呪文のことだと思われる。(クラス:レンジャーは4Lv以上で少数ながら信仰呪文を使えるようになり、そのなかにはキュア系も含まれる)


〈ブレス・ウェポン/武器祝福〉?位階
《ブレス・ウェポン》 パラディン1Lv
武器に善属性を与える、また悪の相手に対してクリティカル域になると絶対命中するという強力な能力も与える。