Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

オーバーロード 山小人の工匠 カバーイラスト

f:id:Sandmann:20170410225952j:plain

ご存知11巻の表紙だが、なんとなく似ているもの(*個人の感想です)を集めてみた

 

f:id:Sandmann:20170410230016j:plain

まずはD&Dベーシック・ルール・セット(1983年クラシックD&D4版、1985年に邦訳)のボックスアート、ラリー・エルモアの手による有名なイラストである。なおこの装丁はD&D4版スターター・セット(2010年、ややこしい)にも同じものが使用された。

追記:「財宝を抱えたドラゴンと対峙する冒険者」という構図は、D&Dにおいては1977年第2版のベーシック・ルール・セットなどにすでに見られるが、これはトールキンの「ホビットの冒険」におけるスマウグのイメージの影響が大きいものと思われる。

 

f:id:Sandmann:20170410230023j:plain

これはクラシックD&D第6版1994年の物、ジェフ・イーズリーによるかっこいいイラストで好きなのだがネットで見かけてから長年、なんの本か知らなかったw要するにそれだけ日本での知名度は低い

 

f:id:Sandmann:20170410230033j:plain

指輪物語の昔の文庫本の表紙、腰の引けっぷりがゴンドのそれを連想させられる。

 

f:id:Sandmann:20170410230040j:plain

ついでに日本ファルコムドラゴンスレイヤー1984年。自分はpc-88でソーサリアンファミコンでドラスレ4をやりこんだ口ではあるが、こちらは未プレイ

 

「山小人の工匠」ではオラサーダルクが腹の下に財宝を抱えている点で赤箱オマージュなのか、遡ってスマウグなのか。どちらかが元ネタとなっているのは間違いないだろうが…まあ縦の構図でドラゴンに対峙するようなイラストとなると、どれも同じような物になっちゃうのかもしれない。

 

追加

f:id:Sandmann:20171005151617j:plain

ドラゴンクエスト」1986年
なぜかドラクエのこの絵をすっかり忘れていたのだが、魔法陣グルグルを見ていて思い出したw

*国産電源系RPGとして下記「夢幻の心臓」の直系なのは間違いないが、ロゴにドラゴンと剣の意匠をあしらった点は「ドラゴンスレイヤー」と同じである。

 

f:id:Sandmann:20200223035129j:plain

夢幻の心臓1984年 PC88版 起動画面
システム含め、ドラクエへの影響が大きい

 

f:id:Sandmann:20171005151701j:plain

鏡の国のアリス1871年ジョン・テニエルによるジャバウォックの挿絵
竜退治ではないが、知名度的にこれが一番の源流な気がしてきた。

"竜殺し"の伝説といえば聖ゲオルギオスが有名だが、そちらは馬上から突き下ろしている画が主流だし。

 

さらに追加

f:id:Sandmann:20200223080211j:plain

ゴブリンスレイヤーTRPG 限定版」2019年
赤色のボックス入りセットという点からしてD&Dベーシック・ルール・セット(赤箱)のオマージュなのは疑いようがないが、キャラが多い分イラストの赤箱ボックスアート感は薄れてしまっている…のだが。

 

f:id:Sandmann:20200223080320j:plain

「D&Dベーシック・ルール・セット」パッケージイラストのラフ画(2017年になって発掘された)
このラフをガイギャックスがエルモアに駄目出し、戦士とドラゴンをクローズアップした構図に変更させたことにより有名な赤箱ボックスアートが完成した。
ご覧の通り破壊された石柱や杖を持った女性のポーズなどがゴブスレTRPGのイラストと類似している。この没イラストがゴブスレTRPGのオマージュ元なのだとしたら、ずいぶんとまあ狭い所から引っ張ってきたものである。