Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

「亡国の吸血姫」描写から見るルール その2

アンデッドになった者の蘇生関係 73pから81pぐらい

どうやらD&D、ユグドラシル、転移後の世界でそれぞれ設定が違うみたい

D&Dでは:倒した後、高位の蘇生呪文であれば生者として復活
ユグドラシルでは:アンデッドからの種族変更はワールドアイテムが必要
転移後では:倒した後、高位の蘇生呪文であればアンデッドとして復活するが、アンデッド化の元凶を取り除けば元に戻ったという記録もある

まあ「亡国の吸血姫」で生者としての復活が不可能だった原因については〈始原の魔法〉やキーノのスキルの絡みもあるので、さらなる検証が必要か。

 

"ちなみにスライムゾンビは存在しない。どんな種族でもゾンビ化、スケルトン化はする。ただし例外的に骨格がない者にはゾンビ化、スケルトン化が起こらないとユグドラシルでは決まっていた" 89p

D&D3版系ではゾンビ及びスケルトン・テンプレートを適用出来る元種族は「(アンデッドを除く)骨格を持つ実体のあるクリーチャー」となっていた。

 

"ゾンビの移動速度は鈍い" 100p

D&D3版系ではゾンビ化すると1ラウンドに1アクションしかとれなくなる。
つまり通常ならば移動後に攻撃orダブル移動、となるところがゾンビだと移動か攻撃のどちらかのみとなってしまう。

このようにゾンビ化はある意味弱体化でもあるため、ヒット・ダイス(オバロでの種族レベル)に対し脅威度(オバロでの難度)は1/3程と他のモンスターに比べるとかなり低い。

 

"信仰系魔法職者の存在が神の力があることを保証している。だからこそキーノは神の力だけを借りるなり、奪うなり、盗むなりして皆を元に戻せないか、という研究も試みた"  92p

キーノちゃんはウルプリーストにでもなるつもりなの?

ソーサラーからじゃ前提条件の1つの<知識:宗教>8ランク以上がかなりきついなぁ。

 

"そんな凄い炎の杖を振り回す炎の巨人の王を倒すなんて出来ないよ"
"剣を棄ててレーヴァティンを取り出した際の余波を食らって" 200p

ユグドラシルではスルトの持っている炎の剣はレーヴァティンでは無く、レーヴァティンは杖という解釈のようだ。
ちなみにD&Dのスルト(神格ランク14、中級神)は超巨大サイズの+5ブリリアントエネルギー・フレイミングバースト・ロングソードを持っている。

 

"装備されているアイテムは、着用者の能力などと結合され、同じだけの抵抗力を持つ。例えば悟がネックレスを装備した時と、地面に落ちたネックレス。同じ耐久力を持っていたとしても簡単に破壊されるのは地面に落ちている方だ" 339p

D&D3.5eでアイテムがセーヴィング・スローしなければいけない状況でのルールはほぼ上記と同じである。
これらのルールをそのまま運用すると地面に落ちたアイテムは魔法の品であってもとても壊れやすい、武器落とし後にファイアーボールかましてくるようなひどいDMもけっこういるので要注意である。

 

"ユグドラシルの場合、金貨はひとまとめにされ重量はない扱いだった。ゲームだからこそだが、その恩恵は今でも受けている。ではこの世界の貨幣は同じ扱いなのか。それとも一枚一枚に荷重判定があり、合計されていくのだろうか。もし、そうだとすると面倒なことになる" 145p

ウォーゲームの影響が色濃く残るAD&D1st、その後継でありシステマチックに進化したD&D3版系では当然厳密な荷重のルールがあり貨幣ほか諸々のアイテムに重量(3版系ではポンド)が決められている。

貨幣の荷重といえば、財宝の全てが銅貨だった為に重くて持ち帰れなかったとかいう古典的嫌がらせが有名であるが(ガイギャックスが息子相手にやらかしていた)そういった面倒事を別にしても、まず荷重計算がめんどくさい。

「鉛筆と紙」でプレイするRPGでは、これはとんでもなくプレイアビリティを損なうルールに見えるだろうが、21世紀の電脳キッズたる筆者は全てエクセルのキャラクターシートにぶち込んで計算していたので、その点については苦労した覚えは無い。

 

 *重量がらみの余談。あなたがもしD&D初心者なら、キャラメイクする時に名前はすぐに決めなくてもいいが、とりあえず体重は決めておこう。

最初の冒険で君が名の知れた英雄になる事は無いだろうが、死体となって引きずられる可能性は高いからだ。