Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

一橋 ゆりえ

元人間のコモナー1 Lv

中立にして善、中型サイズの原住の来訪者

神格ランク:0(準神格/Quasi-Deity)

領域:???

ヒット・ポイント:3

神格特性:ポリモーフ・石化・生命力吸収・能力値吸収・能力値ダメージ・心術及びこれに類する効果への完全耐性、ダメージ減少10/エピック、呪文抵抗32、 [火]抵抗5、不死性

イニシアチブ+0

移動速度:30ft
*神格としては例外的にゆっくりしている

アーマ・クラス:12、対接触12、立ちすくみ12(+2反発)

基本攻撃/組み付き:+0/-1

攻撃素手攻撃= -1近接(1d3-1)
*非致傷ダメージ

セーヴ:頑健-1、反応+0、意志+1

能力値:筋力8/敏捷力10/耐久力9/知力9/判断力12/魅力14

技能:〈交渉〉+5、〈真意看破〉+2、〈知識:地域〉+1

特技:《コネ》、《ニンフのキス》

常時発動:タンズ、トゥルー・シーイング

擬似呪文能力:ミラクル(1日1回)

 

久方振りの尾道訪問、うだる暑さで茹で上がった脳に思い浮かんでくるのは「結局、ゆりえ様は何の神様だったのか?」という疑問だ。

とはいってもそこはD厨らしく、キャラ再現するとしたら権能(ポートフォリオ)と領域(ドメイン)の選択はどれにするべきかという問題なのだが…

色褪せた絵馬を見つめていても答えは出ない。