Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

「聖王国の聖騎士」描写から見るルール その5

〈憤怒の魔将〉について

書籍13巻234pの呪文能力や耐性などから見るに、D&D基本ルールに載っている最高位デヴィルの《ピット・フィーンド》Nethackで言う、穴の悪霊)にかなり近い感じ。
*PRDJでのデータはココ

3.5版ピット・フィーンドの種族ヒット・ダイス18、脅威度20を無理やりオバロ換算すると種族Lv63、難度210程度になる。憤怒の魔将はLv84とのことなので足りないけど、種別:来訪者は後の版になるほど強化され、5版のデータでは24HDと3.5倍すればLv84にぴったり。(ただしこちらのデータは呪文能力がお寒い限りでウィッシュも使えない。)あと3.5版には無いが、4版のピット・フィーンドは火のオーラを持っている。

 

"〈完全不可知化〉を発見する方法はあるのだが、プレイアデスでアイテム以外の手段を持っているのはルプスレギナだけだろうし、魔将は持っていないはずだ"

「呪文 その17」でも書いたが、完全不可知化を見抜くには《トゥルー・シーイング》呪文(ウィザード6Lv、クレ5Lv、ドルイド7Lv)が必要である、まあルプスレギナなら習得できてるレベルだろう。
それと上位の来訪者(デーモン、デヴィル、天使など)はトゥルー・シーイングを常時発動標準装備してるものと長年思い込んでいたが、ピット・フィーンド含むデヴィルは持ってない奴の方が多かった…

 

 〈魂と引き換えの奇跡〉
"ユグドラシル時代は第八位階までのどのような魔法までも一度だけ発動可能という能力だった。"

この点はほぼD&D3版系におけるウィッシュ呪文の効果と同一である。今回のコレをD&D的に表すなら「擬似呪文能力のウィッシュを使ってトゥルー・シーイング呪文の効果を再現した」となる

 

"悪魔が魂と引き換えに願いをかなえるという寓話が元になったその力は、奇跡を体現する。"

D&Dで願いを叶えてくれる悪魔といえばピット・フィーンドの他にはデーモン:グラブレズゥの持つ能力及び設定が相当する。
他にも「ビンの中に封印された悪魔を出してあげたら、お礼に願いを叶えてくれた」(マジックアイテム:アイアン・フラスク)やアラジンと魔法のランプ(ジン、イフリートの持つ限定的なウィッシュ)など、おとぎ話再現の為にあるようなルールやマジックアイテム(空飛ぶ絨毯や惚れ薬とか)もD&D3版系には多い。

これらはバランスを取った上でゲームシステムに落とし込むのが難しいためか、ボードゲームライクなD&D4版では多くが無くなってしまった…5版ではそこらへんも復活したんじゃろうか?(ルルブまだ買ってない)