Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

HP(ヒットポイント)とは何か

「ヒットポイント 意味」や「ヒットポイント 由来」とかでググっても例によって「ウィザードリィのすべて」の解釈などばかりで、意外と「D&Dの定義」すなわちRPGの基礎知識がすぐには出てこない。
まあオーバーロードとはあんまり関係ないかもしれないけど、知識の断絶を防ぐ為にも書き留めておく。

 
まず「プレイヤーズ・ハンドブック3.5版」6pのキャラクター作成手順のうちのヒット・ポイントの説明を見てみる。

「ヒット・ポイント(hp)は、そのキャラクターの息の根を止めるのがどれだけ難しいかを示す値である」

かなり身も蓋もない言い方だが、簡潔かつ解りやすい定義である。


さらにページを進めて143pの説明:ヒット・ポイントが表しているものを見るとこう書かれている。

「ヒット・ポイントはゲームの世界における2つの事象を表している:物理的に痛めつけられながら、それでも元気に動き続ける能力と、普通なら致命的な一撃を受けるところを、何とか軽い傷で済ませる能力である。」

いわゆる体力的な解釈と、Wizでのベニー松山の解釈と同義のものが二つとも書いてある(この部分はパスファインダーRPGでも変わっていない)


さらに読み進めるとこうある

「とあるキャラクターにとって、ヒット・ポイントは信仰の恩寵や内なる力を表わしているのかもしれない。パラディンがファイアーボールから生き残ったのを見た人たちは、彼女に何かの大いなる力の加護があることを確信するだろう。」

ここまでくると解釈次第でなんでもアリという感じがしてくる、べつにSF的厨二解釈(ナノマシン残量云々)や「正しいから死なない@散」みたいなのでも許されるんじゃないかな。


なおヒット・ポイント/命中点(及びアーマクラス)という言葉自体は、最初期D&Dの製作者の一人であるデイヴ・アーンソンが海戦ミニチュアゲームのルールから引っ張ってきたものらしい、どうりで体力とはかけ離れた語句になってるわけだ。


*基本ルールブックの記述の詳細は版にもよるのだが、基礎的な知識となると「常識だから」的な態度であまり詳しく書いてないこともあったりする。しかしこと3版コアルールではWotC社がD&Dの仕切り直しと再興を目論んだ為か、各種情報が基本的な部分まで詳細かつ解りやすく、また参照しやすいように巻末索引や用語集にもページを割き、その上フレーバーテキストも豊富ときており文句無しの出来栄えである。
しいて欠点を挙げるなら値段が高い上に、300ページオーバーに細かい字でビッシリが3冊で基本ルール、その上和訳された分だけでも追加サプリが30冊以上本棚を占拠圧迫していると言う「いろんな意味でヘビー級なルール」という部分か、、、

 

追記:D&Dの重要性を説くための記事みたいになってしまったが、実際のところ英語版ウィキペディアでhit pointを検索すると転送されるHealth (gaming)のページではD&D以上にマリオ、ゼルダイース、モンハン、ストリートファイターなどが説明の為の例に挙げられており、あらためて日本産ビデオゲームの世界的影響力の大きさが知れてくる。

さらに追記:D&D4版の初心者向けに作られた1Lvシナリオ「茨々峠に潜む闇」では「hp:一般的なゲーム機で遊ぶRPGなんかと同じ。」と説明されている、すげえ投げやりだ…