Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

クラス考察 その2

〈司祭/クレリック シャルティア、ルプスレギナほか

信仰術者基本クラス代表、神に祈りを捧げることにより呪文を授かり、信仰のパワーでアンデッドを退散&破壊か威伏&支配できる。
基本ルールの時点でも十分強かったが後発サプリメントの各特技、呪文、上級クラスを取り入れることにより強さが跳ね上がり「クレリック最強説」はゆるぎない。
フルプレート着て盾持って前線張れるのは十字軍の騎士(キリスト教の司祭でもある)を再現したからとも言われるが、ただ単にヒーラー能力だけじゃプレイする人いないからメッチャ強化したらこうなったというアメリカンな理由が本当のところだと思う。

善のクレリックはキュア系呪文(回復)を準備した呪文から変換して任意発動でき、悪のクレリックはインフリクト系呪文(傷開き)を任意発動できる。
ここらへんがシャルティアは回復呪文が使用できない設定(アンデッドの為とされていた)の元になってる気はするが、ルプーが完全透明化(D&Dでは秘術系)してたりするのはよく解らない。
まあクレリックは領域呪文、特典などいろいろカスタマイズできるクラスなので、なんとでもなりそうだが。


〈神官/プリースト〉
クラシックD&Dでは3Lvクレリックの称号が「プリースト/宣教師」だった。


〈ハイエロファント〉 ルプスレギナ
ダンジョン・マスターズ・ガイド」記載の高レベル信仰系術者がなれる上級クラス、クレリックのみならずドルイドからでも成れる。
毎レベル強力な特殊能力を選択できるが、呪文発動は伸びない大司祭。
ちなみにルプーのレベルをD&D3.5eに換算してみると、このクラスに就けるかはぎりぎりダメそう(ワーウルフのレベル調節値を含めて考えると確実にレベルが足りない)。


〈森司祭/ドルイド マーレ、クルシュほか
プレイヤーズハンドブック記載の信仰術者基本クラス。自然と一体化することによりパワーを得る、属性は中立寄り。
野外活動に適した能力ほか、攻撃も回復も召喚もOKなドルイド呪文、"動物の相棒"で恐竜やら大王イカを引きつれ、"自然の化身"能力で大変身したりとても忙しい。なにより多くのルールへの習熟が要されるクラスである。
上級クラスで変身能力を特化させれば前衛として無双することも出来るが、素のまま1本伸ばしでも十分つよいクラスである。
そのうちオバロでもマーレが変身してくれるんじゃないかなーと期待している。


〈スピリット・シャーマン〉クルシュ
《スピリット・シャーマン》はサプリメント「信仰大全」記載の信仰術者基本クラス。
ドルイド呪文と精霊(ゴーストや妖精、エレメンタルなど)に対する能力を得ていく。
オーバーロードでは見た感じドルイドの上位クラスの一つとなっているようだ。