読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

クラス考察 その1

オーバーロードはクラスや高レベル階位魔法、ワールドアイテムなどに関してはオリジナル度が高く、D&Dを連想させるモノは少ない。
さらにクラスなんてのはどんなRPGでも有りがちな名前なんで、元ネタとは言い切りにくいが一応。


〈秘術使い/アーケイナー〉
D&Dにおいて呪文はまず、秘術(アーケイン)と信仰(ディヴァイン)におおざっぱに分かれており、ウィザードやソーサラーを代表とする秘術呪文使いの総称を《秘術使い/アーケイン・キャスター》という。

追記:オバロでの魔力系魔法詠唱者=D&Dでの秘術使い、という認識でほぼ問題ないと思われる。


〈魔術師/ウィザード〉
秘術使い基本クラスの代表、魔法を知識と経験(知力ベース)により学習していく。
コンピューターRPGではなじみ薄い呪文習得及び発動方法(通称ジャック・ヴァンス方式)であり、ここらへんはMMORPG的なマジックポイント管理のオーバーロードとは大いに違う。
クラス能力的にローブ着てスタッフ持って呪文書抱えてたら間違いなくウィザードだが、高レベルになると武装は魔法のロングソードにミスリルチェインシャツ、姿はトカゲ人間にツノとか触手とかいろいろ生えてるよくわからない生物になってたりすることも、まれによくある。


〈幻術師/イリュージョニスト サキュロント
ウィザードのクラスオプションとして幻術系統を専門化したものが《イリュージョニスト》と呼ばれる。

〈ネクロマンサー〉 アインズ、カジット
上に同じく死霊術系統を専門化したものが《ネクロマンサー》と呼ばれる。


〈妖術師/ソーサラー
こちらもプレイヤーズハンドブック記載の秘術使い基本クラス。
ウィザードと違い、魔法を天性の才能や隔世遺伝(先祖が竜とか悪魔とか天使とか厨二的設定なアレ、魅力ベース)で習得する。
弾数こそ多いものの習得呪文の少なさ、高位の呪文習得が1Lv遅れるなどウィザードに大きく水をあけられており、「自分はイケメンだから」「魔法少女の多くはソーサラー」などの信念を糧にやっていくしかない。

追記:ソーサラーが習得できる呪文リストはウィザードと共通だが、後発サプリには微妙なソーサラー救済テコ入れの為か、ソーサラー専用呪文がいくつか追加された。

単純な火力ではウィザードを上回ることがおおいが、なにぶん秘術使いに求められるものは火力より状況対応能力である。

さらに追記:D&D3.5eをベースとしたMMORPGであるDUNGEONS & DRAGONS ONLINEではウィザードと比べ、スペルポイント(MP)が多く詠唱が早いという調整がなされているようだ、紙版と同じように特化型、砲撃屋が多い模様。


〈吟遊詩人/バード〉
バードも秘術系基本クラスだが、主に呪歌によるバフ、いくつかの武器と軽装鎧への習熟、弾数も習得数も多くないが専用のバード呪文(最大6レベル呪文)、多彩なクラス技能と技能ポイント、と見るからに器用貧乏クラスである。
基本4人パーティに入り込むのは厳しいがガチで造り込むとシャレにならないバフ能力を発揮するので、連打が当たらないモンクや二刀流の当たらないレンジャーには嬉しい人材である。
ちなみに属性制限があり、秩序ではなれない。 「パンクロッカーは何事にも従ってはいけない <アナーキーの精神>」ということか?

追記:技能関係では芸能だけでなく知識、交渉役として戦闘外での活躍、クラス技能で《魔法装置使用》も持ち手広くサポート役として活躍できる。また能力「バードの知識」によりさまざまな情報を手に入れる。
しかしながら、味方にボーナスを与える呪歌の効果の殆どが士気[精神作用]であり、精神作用は危険だから無効化するという一部の高レベルプレイヤーにとってはいらない子扱いされることも。