Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

アイテム その2

〈リング・オブ・シューティングスター/流れ星の指輪〉              《リング・オブ・シューティング・スターズ》50,000gpと名前は一緒だが
当然、効果の元ネタは《リング・オブ・スリー・ウィッシズ》。
はめ込まれた3つのルビーそれぞれにウィッシュの呪文がこめられている。
97,950gpと消費アイテムとしては高いが、非術者でも汎用9Lv呪文が発動できると考えれば、高レベル前衛が持っていても損はない。

 

〈維持する指輪/リング・オブ・サステナンス〉 
《リング・オブ・サステナンス》 2500gp
アウラナーベラルが着用していた飲食不要になる指輪、体に指輪を馴染ませるのに着用してから1週間かかる。
また1日2時間の睡眠ですむ、という効能もある。

 

〈魔法注入の指輪/リング・オブ・マジックバインド〉 
《リング・オヴ・スペル・ストアリング》マイナー版は18000gp
ブレインが装備してた物。呪文Lvの合計が3レベルまで蓄えておくことができる。
着用者には呪文発動能力も必要なく、防具による秘術呪文失敗率もないというスグレモノ、値段が高いのが悩ましい。

追記:アインズは対シャルティア戦で装備アイテムによりグレーターリーサルを使用し回復していたが、《リング・オヴ・メジャー・スペル・ストアリング》を装備すればこれを再現できる。ただ200,000gpと、とんでもなく高額でありウイッシュリングでエミュレートしたほうが安くつく。

 

錬金術銀〉
《銀の輝き/シルヴァーシーン》250gp
3巻でシャルティアに対峙した冒険者が剣に塗っていた物。
その部分の一連の記述は、そのままD&Dの冒険者たちを思いおこさせる。
錬金術銀製武器はダメージ-1のため、通常は冷たい鉄製武器(対デーモン、妖精)や
アダマンティン製武器(鉄でも切れる、対ゴーレム)をメインに使っていくことが多い。
対ヴァンパイアやライカンスロープ、デヴィル用にこれを用意しておこう。
ほかにも、叩けば割れて塗る手間が省ける武器用錬金術カプセルなんて物もある。