Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

呪文 その5

〈グラスプ・ハート/心臓掌握〉第9位階
心臓抜き取り、セーヴ(抵抗)成功でも朦朧化と効果を見ると《ハート・リッパー/心臓抜き取り》アサシン4Lv呪文「呪文大辞典」出展に近いが、知名度でいうと《クラッチ・オヴ・ニョグタ/ニョグタのわしかみ》か?
これはD&Dではなく、クトゥルフ神話TRPGの呪文。強烈なビジュアルと変な名前で有名。

 追記:D&D3.5eでは《クラッチ・オヴ・オルクス》クレリック3Lv「不浄なる暗黒の書」出展として収録。

 

〈クライ・オブ・ザ・バンシー/嘆きの妖精の絶叫〉?位階
《ウェイル・オヴ・ザ・バンシー/バンシーの慟哭》 ウィザード 9Lv
音波による即死効果なので、9Lv呪文が飛びかうようなレベルでは対策済みが多く、効果的な場面は(特にPCには)あまりない。
てか即死耐性無効って…アインズ様ひどすぎw

追記:電源系D&DゲームやDungeons & Dragons Onlineなどでは、終盤に出てくる妙に硬いザコを一掃するのに適している為「使える」呪文という認識が多いようだ。下記のメテオも紙の3版では微妙扱いされているのにDDOではそうでなかったり、基本同じルールがベースになっているのにゲームバランスの違いで評価が変わるという呪文(及びクラス)も多い。まあエンドコンテンツの攻略を重視するMMOとそうでない紙版の違いか。

*紙版では高レベルになるほどDMの負担が大きくなり大量のザコとか出したくない、処理しきれないという現実的な問題もある。

 

さらに追記:〈The goal of all life is death〉+〈クライ・オブ・ザ・バンシー〉ついて

即死耐性を無視する広範囲即死呪文という凶悪コンボ。
大体この手の即死呪文は頑健セーヴ成功で無効となるのが大半だが、前衛クラスを多数積んだエピック級戦士ならまだしも低レベルの現地勢がアインズの強化された死霊術に抵抗するのはまず不可能。これぞ最強の「必殺と書いて必ず殺す」技に見えるが、実はかなりの低レベルキャラでも簡単な方法でこのコンボを無効化出来る。

まず〈The goal of all life is death〉発動から効果が現れるまで12秒(2ラウンド)あるので、その間に自分にサイレンス呪文を掛ける(事前に小石なんかに掛けといて懐から取り出しても良い)

たったこれだけで自分の周りは無音状態となり《ウェイル・オヴ・ザ・バンシー》は[音波]の拡散なので無効となる。


ネタが割れれば対策は容易い。ゆえにアインズは確実に相手を消せる、あるいは消さねばならぬ状況がこない限り、今後このコンボの使用は温存していくと思われる。

 

〈メテオフォール/隕石落下?位階
《メテオ・スウォーム/流星雨》 ウィザード9Lv
D&Dの伝統的メテオは手から4つ(版によっては8つにも選択可)の火球を発射する。
いわゆる隕石落下呪文(コメットフォール)も3.5eにはあるが、そちらはドルイド呪文になる。

追記:4及び5版では上から落ちてくる呪文に変わっていた…

さらに追記:火球とはいうがファイアーボールとは違いコアの部分があり、直撃すると殴打ダメージと[火]ダメージを受ける。またD&D系でもいくつかのコンピューターゲームやロードスのリプレイなどでは古くから「上から隕石複数落下」のビジュアルが採用されていた。

 

〈アーマゲドン・イビル/最終戦争・悪〉第10位階
《オーマゲドゥン/ハルマゲドン》成聖呪文9Lv 「高貴なる行ないの書」出展
天使を複数招来する呪文。
キャラクター1Lvを犠牲にして4ラウンドかけて4~10体召喚と、最終戦争と言うには余りにも寂しい。
同様にデーモンやデヴィルを多数呼び出す呪文もあるが、どれもこれも大層な名前の割りに召喚数も実用度もいまいちである。