読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

呪文 その5

〈グラスプ・ハート/心臓掌握〉第9位階
心臓抜き取り、セーヴ(抵抗)成功でも朦朧化と効果を見ると《ハート・リッパー》アサシン4Lv呪文「呪文大辞典」出展に近いが、知名度でいうと《クラッチ・オヴ・ニョグタ/ニョグタのわしかみ》か?
これはD&Dではなく、クトゥルフ神話TRPGの呪文。強烈なビジュアルと変な名前で有名。

 追記:D&D3.5eでは《クラッチ・オヴ・オルクス》クレリック3Lv「不浄なる暗黒の書」出展として収録。

 

〈クライ・オブ・ザ・バンシー/嘆きの妖精の絶叫〉?位階
《ウェイル・オヴ・ザ・バンシー》 ウィザード 9Lv
音波による即死効果なので、9Lv呪文が飛びかうようなレベルでは対策済みが多く、効果的な場面は(特にPCには)あまりない。
てか即死耐性無効って…アインズ様ひどすぎw

 

〈メテオフォール〉?位階
《メテオ・スウォーム》 ウィザード9Lv
D&Dの伝統的メテオは手から4つ(版によっては8つにも選択可)の火球を発射する。
いわゆる隕石落下呪文(コメットフォール)も3.5eにはあるが、そちらはドルイド呪文になる。

追記:4及び5版では上から落ちてくる呪文に変わっていた…

さらに追記:火球とはいうがファイアーボールとは違いコアの部分があり、直撃すると殴打ダメージと[火]ダメージを受ける。またD&D系でもいくつかのコンピューターゲームやロードスのリプレイなどでは古くから「上から隕石複数落下」のビジュアルが採用されていた。

 

〈アーマゲドン・イビル/最終戦争・悪〉第10位階
《オーマゲドゥン》成聖呪文9Lv 「高貴なる行ないの書」出展
天使を複数招来する呪文。
キャラクター1Lvを犠牲にして4ラウンドかけて4~10体と、最終戦争と言うには余りにも寂しい。
デーモンやデヴィルを呼び出す呪文もあるが、どれもこれも大層な名前の割りに…