読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

呪文 その3 転移系魔法

〈ディメンジョナル・ムーブ/次元の移動〉第3位階
《ディメンジョン・ドア》ウィザード4lv
術者Lvにもよるがテレポと違い300mぐらいまでしか移動できない、移動後次のターンまで硬直あり。つまりD&D3.5eでナーベのように転移即攻撃するのは、ディメンジョン・ジャンパー呪文か一部の特技を持ってしか出来ない。


〈テレポーテーション/転移〉 web版では第6位階、書籍では第5位階?
《テレポート》 ウィザード5lv
術者レベル×100マイルと長距離を瞬間移動できる。
目的地への精通度により、出現先がずれたり場合によっては失敗する。

距離制限、失敗確立の無いグレーター版は7lv呪文。


〈ディレイ・テレポーテーション/転移遅延〉?位階
《アンティシペイト・テレポーテーション》 ウィザード 3Lv
グレーター版6lv「秘術大全」出展
この呪文の出現により、それ以降のテレポ戦術が変わってしまった重要呪文。
味方の瞬間移動まで遅延させるのが悩みどこ。



〈ゲート/転移門〉?位階
《ゲート》 ウィザード、クレリック 9Lv
D&Dでのこれは別次元への門を開く呪文であり、同一次元内の別地点への転移には使用できない、オバロでもweb版では〈ゲート/異界門〉となっていた辺りにこの残滓が見てとれる。
移動手段としてよりはもっぱら上位エンジェルとかを招請するのに使われる事が多く、大人数を転移させるのに使用するのは《テレポーテーションサークル》9Lvとなる。

追記:「コール オブ クトゥルフ d20版」の呪文〈クリエイト・ゲート〉では表に書いてある最大転移距離が50,000,000光年と、なかなかアホらしいことになっている。
元のCoCルールでどうなってるかは知らないが、こんなデータをゲームに生かすような状況が果たしてあるのか気になるところではある。(とりあえずフォーマルハウトとかカルコサに行くのには十分すぎるね)

 

追記:D&Dにおいて瞬間移動呪文はすべてアストラル界を経由しているという設定。アストラル界では時間の経過が無い為、出現地点までの移動が瞬間で済む。

 

さらに追記:テレポート失敗といえば、ウィザードリィの*いしのなかにいる*が有名である。
これもD&D旧版ではあった要素なのだが、3版以降はここのように大分マイルドに変更され、たとえ大失敗しても少々のダメージで済む。
どれだけ目的地に精通しても何パーセントかは地中または空中行きの可能性の残っていた旧テレポと違い、今はずいぶん気軽に使える呪文になった。