Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

「リッチ」の使用は問題ない?

漫画「BASTARD!!」での鈴木土下座ェ門事件などによりD&D関連の著作権に関して非常に厳しい対応をとられるのが知れ渡たり、以降より現在に至るまで出版業界ではそれらモンスターの名称は微妙に改変されたりするのが常であるが、少なくとも3版当時「リッチ」の…

アインズが戦士33Lv相当とは?

これも頻出する疑問だが、高レベル異形種魔法詠唱者という一概に戦闘力が比較しづらいであろうアインズが33Lv相当と言い切っている物は具体的に何なのか。魔法〈パーフェクト・ウォリアー〉を使用すると100Lv相当になるとはどういったことなのか。 これはお…

「英雄の領域」とは

くがね氏の言やキャラ紹介によると、クレマンティーヌ、ラキュースが「英雄の領域」、ガゼフが「片足突っ込む」らしいがこれはどういったものなのか? 80年代半ばに和訳され、くがね氏もプレイを明言しているクラシックD&Dでは1~9Lvまでキャラクターレベ…

ツイートちょっと解説

"……ついにリミテッド・ウィッシュの巻物を買って、ヒールに備えるレベルに到達してしまったか。" 丸山くがねちゃん(11歳) 4月29日のツイート この囁きが誰に向けてのものなのか、くがね氏のプレイヤーキャラクターの事なのかは分からないが、どういうこと…

「謀略の統治者」描写から見るルール

"それに魔獣に代表される獣は、精神操作系に弱い。" 書籍10巻-66p D&D3.5eにおいてセーヴィング・スロー(オバロで言うところの抵抗/レジストの為の判定)は頑健、反応、意志の3種類あり、各種修正が掛かる前の基本セーヴ値はクラスや種族によってそれぞれの…

"逸脱者"フールーダ・パラダインのローブの色

オーバーロードWeb版、大虐殺-2においてフールーダはかつての純白のローブではなく、漆黒の姿で現れた。非常に解りやすい悪墜ちビジュアルではあるし、ガンダルフが白のローブで復活した逆パターンと見る人もいるだろうが、D&D系ではさらにはっきりとした…

"重爆"レイナースの呪いを解く

あんまり参考にならない気もするが、D&D3.5eでの魔法の病気、呪いの対処方法について書いておく。下の方にいくほど高レベル対応となる。 《リムーヴ・ディジーズ》 クレリック 3Lv 呪文 病気を治す呪文だが魔法の病気はダメな場合もあり、呪いも解けない。 《…

クラス考察 その5

今までの情報からすると符撃や巫女、僧侶などのクラスが精神系魔法詠唱者に分類されるらしい。いわゆるオリエンタル系術者が精神系のようだが、D&Dでは基本、秘術と信仰の2系統であり〈精神力〉に相当する能力値も無く、ここら辺はいろいろ違うようだ。 "―最…

呪文 その24

〈コントロール・ウェザー/天候操作〉 第6位階《コントロール・ウェザー》ウィザード、クレリック、ドルイド7Lv ウー・イァン、シュゲンジャ、バード6Lv10分かけて天候を操作する、ドルイドが発動すると効果範囲と持続時間がちょっと良くなる。意外なことに〈…

描写から見るルール 主に書籍4巻

いちいち細かい事書いても仕方ないとは思うが新刊までネタが無いのと、D&Dの知識がそのままオバロ世界への理解に直結してるような描写も多いんで、気が付いたら書いていく方針で。 「ジャイアントラットは病気が怖いですね。あとはワーラットなどもいますが……

リグリットのお宅訪問

"通常はドラゴンの鋭敏な知覚を誤魔化すことは出来ない。不可視だろうが、ドラゴンが眠っていようが、ある程度の範囲に入り込んだ段階でドラゴンはそれを即座に知覚する。そんなドラゴンの魔法的感覚器官を潜り抜けることが出来る存在がどの程度いるだろうか…

ゴブリン王の伝説

"トネリコの枝を振り回して、幾多の竜を退治したゴブリン王" 書籍3巻-231p なんとなくゴブリン王のクラスはドルイドで、「トネリコの枝」は呪文焦点具と思い込んでいたが、プレイヤーズ・ハンドブック3.5版を改めてみてみるとドルイドの焦点具は「ヒイラギと…

吸血鬼のフォークロア

書籍8巻でのルプーの語りや、風呂でのシャルティアの言によると「招かれないと建物に入れない」や「流れる水に浸かると滅ぶ」などの吸血鬼の弱点は、あくまで民間伝承でありシャルティアはこれらの特徴は持っていないようだ。 たしかにこれらをCRPGで再現す…

チョーセンはD&Dに配慮した?

アインズの持つクラス〈チョーセン・オブ・アンデッド〉について、chosenをチョーセンと読むのはおかしいから元ネタのD&Dに配慮して変えたのではないか?と考察されることがある。 たしかにD&Dのワールド設定の一つ「フォーゴトン・レルム」には「チョーズン…

ニンジャのワザマエ

以前の記事クラス能力に書いたが、D&D3.5eでの基本クラス《忍者》は、オーバーロードの双子忍者「ティア&ティナ」のような派手な能力は持っていない。しかし、明らかにD&D系を参考にしたと思われる忍術も2つばかしあるので、それについて書き留めておく。 …

クラス考察 その4

〈ローグ〉双子忍者技能系基本クラス。罠解除、および急所攻撃が主な成分。10Lv以上になるといろいろな特殊能力を得るが、大体その前に上級クラスに進むため、そこらへんまで使っている人を見たことはない。 不意打ちや挟撃して急所攻撃を叩き込めば筋力や《…

呪文 その23

〈文字解読の魔法〉?階位 セバスのメガネの効果 《コンプリヘンド・ランゲージズ》 ウィザード、クレリック、バードほか1Lv接触した本などの文章の内容を理解できる、1分で約1ページ。アインズはスクロールはもっているが習得してはいなかったようだ。 追記:…

クラス考察 その3

〈戦士/ファイター〉ガゼフ、クライム、ナーベほか「ファイターは("戦う者"の名が示す通り)全クラス中で最高の戦闘能力を持つ。」PHBファイターの特性より戦士はクラス能力として戦闘用ボーナス特技を多量に取得できる、というかそれしかない。3版基本ル…

ゴブリンの容姿の変化と、アウラのお肌

コキュートスの描写を読み返してたついでに気付いたので書いておく。以下はモモンへの初依頼でゴブリンに遭遇したシーンであるが、 "潰れた顔に平べったい鼻を付け、大きく裂けた口に小さな牙が上向きに2本生えだしている。肌の色は明るい茶色。油で固まった…

コキュートスの種族、容姿

D&Dを知っていてオーバーロードを知らない人(狭いな)に「コキュートスって知ってる?」と聞けば、だいたい「パンデモニウムの階層の1つ」と答えるだろう。 また「昆虫種族で腕が4本」といえば「スリクリーン?」と多くが答えるだろうし、「種族はヴァーミ…

信仰魔法はどこからくるのか

クレリックのパワーの源について、信仰対象の失われているシャルティアや元プレイヤーと目される六大神を崇めることで呪文を得られるのか?疑問に思うことも多いと思うが、これもプレイヤーズハンドブックの説明に書いてある。 "クレリックの中には、1柱の神…

クラス考察 その2

〈司祭/クレリック〉 シャルティア、ルプスレギナほか 信仰術者基本クラス代表、神に祈りを捧げることにより呪文を授かり、信仰のパワーでアンデッドを退散&破壊か威伏&支配できる。基本ルールの時点でも十分強かったが後発サプリメントの各特技、呪文、上…

クラス考察 その1

オーバーロードはクラスや高レベル階位魔法、ワールドアイテムなどに関してはオリジナル度が高く、D&Dを連想させるモノは少ない。さらにクラスなんてのはどんなRPGでも有りがちな名前なんで、元ネタとは言い切りにくいが一応。 〈秘術使い/アーケイナー〉D&D…

魔法無効化能力について

まぎらわしいので先に書いておくが、オーバーロード作中で魔法を"抵抗/レジストした"という表現が出てくるが、これはD&Dで言うところの"セーヴィング・スローに成功した"であり、以下に述べる魔法無効化能力(呪文抵抗)とは別の判定である。 本題:書籍3巻3…

呪文 その22

タレントとかスキルでそれっぽいのも 〈あらゆる幻覚を見破る目〉 Web版のジエットの持つタレント幻覚を見破ると言えば《トゥルー・シーイング》6Lv呪文の効果だが、この呪文は幻術看破のみならず透明化やダークネスなど多くの魔法による視界妨害効果を無視で…

アインズ様はデミリッチ?

真っ先に考察するべきだったが、未訳ゆえめんどくさくて放置していたデミリッチとアインズの違いについて書いてみる。 書籍版設定では(おそらく著作権的に考慮して)消されてしまったアインズの取っている種族クラスの一つ、デミリッチだがこれもD&D原産の…

守護者たちの属性は?

オーバーロードのキャラクターたちの属性:カルマ値をD&Dの属性に当て嵌めたら?という話題を見かけた。あまり意味の有る考察とは思えないが、D&D3.5eの一部のクラスは属性制限があったり、種族によって属性の傾向が分かれていたりするので考察材料としては…

丸山くがね氏は和マンチなのか

"丸山もウルプリーストを入れてミスティックシーアージやりましたよ。シャーンでやりたかったです。あんなモンスターがいるんだから、レルムは地獄だぜー。"丸山くがねの活動報告:「ソードワールド」のコメント返しより D&D3.5e経験者なら、この発言だけで…

蜥蜴人の犯した罪とは

"リザードフォークの社会は父系制で、もっとも強力なメンバーが他の者たちを支配する。祈祷師は助言を与えるが、自分がリーダーになることは滅多にない。リザードフォークの最も重要な関心は生き延びることにあるため、脅威や飢餓に襲われた部族はその存続を…

「二人の指導者」描写から見るルール その2

"馬鹿な。私は拘束に代表される、移動困難に対する完全耐性をアイテムで得ている。"―330p 代表的な物は《移動の自由の指輪/リング・オヴ・フリーダム・オヴ・ムーヴメント》 今の今までずっと「リング・オヴ・フリーダム・ムーヴメント」だと思ってた…オヴが…

「二人の指導者」描写から見るルール その1

書籍8巻からいろいろと バーゲストに使用した粘着剤(錬金アイテム)―65p 《足留め袋/Tanglefoot Bag》50gpネバネバの入った皮袋。命中すると絡み付かれた状態になり、セーヴ失敗で床に粘着される。サイズが超大型以上には効かないが、飛行モンスターも上手…

呪文 その21

〈ヒプノテイズム/催眠〉?位階《ヒプノティズム》 ウィザードほか1Lvンフィーが対トロルに使用、対象を数ラウンド恍惚状態にする。この呪文には2d4ヒットダイス分のクリーチャーまでという制限があり、素の状態で8HDのトロルにかかる確立は6.25%、その後さ…

隣り合わせの灰と幻想

今回の記事はオーバーロードと関係ありません。 遅ればせながら「灰と幻想のグリムガル」アニメ8話を観た。このアニメシリーズは、原作でやや低年齢層向けに描かれていた部分をクオリティの高さとオリジナルシーンで大幅に補完しており、素晴らしい作品に仕…

ダークエルフはじめて物語

"―あたしはまだ70代なんですから」「あ、ああ。そうだなまだまだ子供だな。―" 書籍8巻373p D&D3.5eでのダークエルフの成年は110歳とされている。(人間は15歳)ここから考えるにアウラの年齢は人間にすると10歳程度と見ていいだろう、さあ萌えるがよい。 ち…

呪文 その20

〈キュア・ディジーズ/病気治癒〉?位階《リムーヴ・ディジーズ》クレリック、ドルイド、レンジャー3Lv対象がかかっているすべての病気を癒す、特殊な病気の中には相殺できない物や一定以上の術者レベルが必要な物もある。あと6Lv以上のパラディンは擬似呪文能…

呪文 その19

〈グレーターリーサル/大致死〉?位階《ハーム/大致傷》クレリック6Lv書籍3巻でシャルティアとアインズが回復に使用、作中の通り信仰呪文でありアインズは基本発動出来ない。《ヒール》の逆呪文であり、接触により負のエネルギーで大ダメージを与える、当然…

呪文 その18

〈ウッドランド・ストライド〉位階魔法? スキル?ドラマCDでマーレがアルベドを飛ばすのに使用。名称はドルイド2Lvのクラス能力《森渡り/Woodland stride》と同一だが、これは自然の薮の中なら速度を落とさず移動できるというもので作中効果とは全く異なる。…

呪文 その17

〈マジックディストラクション/魔法解体〉?位階《ディスペル・マジック》 ウィザード、クレリックほか3Lv グレーター版6Lvシャルティアが対アインズ戦で〈オブシダント・ソード〉を解呪するのに使用。解呪判定は術者レベルが同じで成功率50%なので、書籍3巻36…

アイテム その5

〈モンクズ・ブラックベルト〉 "闘鬼"ゼロの装備《モンクス・ベルト/モンクの帯》13000gpこの帯を腰に巻いたモンクは素手打撃のダメージとACボーナスが5Lv分上昇するという、中レベルモンク垂涎の品。しかしモンクでないものが装備しても5Lvモンクの能力を得…

アイテム考察 〈剃刀の刃/レイザーエッジ〉の能力

さまざまな考察がされているレイザーエッジの能力について3つばかし考えてみた、が今回の考察は例によって極めて狭い視点(3版D厨)からの物であり、だいぶん的外れな可能性が高いです、与太話として聞いてください。 その1:ディスラプション(アンデッド粉砕…

呪文 その16

〈ブロウアップフレイム/吹き上がる炎〉?位階ルプスレギナが使用。クレリックの攻撃魔法、火属性というと定番の《フレイム・ストライク》5Lvが元と思われる。ダメージの半分が信仰の無属性エネルギーであったり「神罰を落とす」的なイメージから生まれた呪文…

アインズ様の筋肉番付

「嘘……本当に魔法使い……あれだけの肉体能力を持った……? ハハ……冗談。あり得ないでしょ……」 Web版-邪神-1にて、アインズ様は石の玉座を軽く持ち上げ投げつけてクレマン子を盛大にビビらせていた。通常、肉体的には貧弱とされる術者がこのようなパワフル行…

呪文 その15

〈リペア/修復〉第1位階 《メンディング》 ウィザード呪文ほか 0Lv 及び《メイクホウル》クレリック2LvWeb版で馬車の軸受けを修理するのに使用。D&D3.5eにもリペア系呪文はあるのだが、そちらは人造クリーチャー(ゴーレム、ホムンクルス、ウォーフォージド…

王国戦士長の刃は 仔山羊の触手を断つことが出来るのか?

出来る 出来るのだ ネタはさておき、黒い仔山羊VSガゼフ・ストロノーフの3.5版的無理やり考察です。「クトゥルフの呼び声」(クトゥルフ神話TRPG)には幸いなことにd20版(D&D3版系と互換性が有る)があり、ここにモンスターデータとして「シュブ=ニグラス…

「大墳墓の侵入者」描写から見るルール

"アルシェは周囲を伺い、再び浮かぶとトロトロとした速度で中空を進む。本来の《フライ/飛行》からすれば非常に劣る速度で進むのは、周囲を伺うためだ。全力で飛んでいると、流石に周囲を伺う余力はないし、視認のタイミングが遅れる。" 技能〈視認〉や〈聞…

呪文 その14

〈デス/死〉第8位階《フィンガー・オヴ・デス》 ウィザード、ドルイド7lvセーヴ(抵抗)失敗すると即死、成功しても少量のダメージを食らう。これで殺されるとレイズ・デッドでは復活できない。 Pathfinder RPG及びD&D5版では即死ではなく、単体大ダメージ呪文…

六腕筆頭 ”闘鬼”ゼロ

"注:ゼロはレベル的には高いのだが、モンクは戦士よりも基礎となる部分が弱いので、この評価。"―Web 強さ順列など より D&D3.5eではファイターなど他の前衛クラスに比べ、モンクの基本攻撃ボーナス(命中率)のレベル当りの伸びは3/4であり、さらに素手の魔…

呪文 その13 サキュロント特集

〈マルチブルビジョン/多重残像〉?位階《ミラー・イメージ》ウィザード2Lv"幻魔"サキュロントの使用した分身、秘術使いは直接ACを上げようとするよりこのような手段で物理攻撃を防いだ方がよい。対抗手段としてはマジックミサイルで1体ずつ潰す、特技《薙ぎ…

D&Dと指輪物語

注:今回はオーバーロードは関係ありません。 D&Dと指輪物語の共通点は(意外に)少ない。これはD&Dの成立と指輪物語の関係性について調べたことがあるなら当然わかってもらえると思うが、その点を考慮してもなおファンタジーにおける指輪物語の重要性は大き…

呪文 その12

〈ライト・ヒーリング/軽傷治癒〉第1位階《キュア・ライト・ウーンズ》クレリック 1lv 〈ミドル・キュアウーンズ/中傷治癒〉第2位階《キュア・モデレット・ウーンズ》クレリック 2lv 〈マス・スライト・キュアウーンズ/集団軽傷治癒〉 ?位階《マス・キュア・ライト…