Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

小ネタ

「レベル99冒険者による、はじめての領地経営」D厨向け解説

オバロ新刊まだなの、、このままでは禁断症状が出かねないのでファンタジー成分補給にD&D3版系のネタが多いと噂される、なろう異世界転移物「レベル99冒険者による、はじめての領地経営」を読んでみた、のだが。もう、なんというかね…いろいろそのまんまじゃ…

アインズ様、生前のご尊顔

あの尖った長いアゴは何なの?生前は某ミカドのような顔だったのか、それともスケルトンの種族レベルを上げたらアゴが伸びてくるのか、などなど色々ネタにされているアインズ様のアゴ及び生前の顔の謎だが、それについては自分は前々より深く考えずに一つの…

歩いていこうよ、どこまでも

2chオバロスレなどで、もしアインズのようにアンデッドの体で転移したら睡眠不要&疲労無効なのでどこまでも歩いて旅をしたいという意見がたまにある。さらには呼吸不要なので海底でも歩いて渡れるなどといったカキコもみられる。 大魔術師たるアインズが各…

ドラゴンのモンクって強いの?(及びセバスのキャラメイク妄想)

セバスの種族及びクラス構成の考察などでたまに見られるこの疑問だが、D&D3.5eではキャラメイクにおける様々な要素と質問者の意図によりいろいろ答えが変わってくるので、まあ一通り考えてみる。 まず、歳経りたドラゴンにモンクを1,2レベル混ぜ込む構成だが…

異形種の使い勝手

ユグドラシルプレイヤーでの間では異形種をPC種族として選ぶことは「玄人好み」とされており、苦労の割にさほど有利ではなさそうである。 じゃあD&Dではそこんとこどうなのよ、PC種族向けではないモンスターをPCとして使えるの?って話なのだが、D&D3.5e「モ…

「ソス卿はどうしてデスナイトになったんですか?」

エルフとか好きだから! もはや懐かしいあずまんがネタは置いといて、オバロ作中で描写が多くまたレベルやスキルが判明している、フールーダが支配できなかったなど、考察ネタには困らないモンスターのデス・ナイトである。 D&Dでもデス・ナイトは古くからあ…

オーバーロード 山小人の工匠 カバーイラスト

ご存知11巻の表紙だが、なんとなく似ているもの(*個人の感想です)を集めてみた まずはD&Dベーシック・ルール・セット(クラシックの4版1983年)のボックスアート、ラリー・エルモアの手による有名なイラストである。なおこの装丁はD&D4版スターター・セッ…

オバロの魔法名は厨二成分が足りない

という意見に対し、なぜならD&Dがベースになっているから、と答えることは簡単だ。 さらにもう一歩話を進め、D&Dでの呪文名がなぜこのような簡素な英単語の組み合わせになっているかというと、ジャック・ヴァンスのファンタジー小説「終末期の赤い地球」シリ…

「Web版イビルアイ」描写から見るルール

改めて読んでみると、Web版のイビルアイ対デミウルゴスからアインズによるレベル推察の一連の流れが非常に分かりにくい気がするので、ちょっと解説してみる。 "デミウルゴスは未知の魔法を使われたことに警戒感はあったため、僅かに威力を殺し、様子を見ると…

アインズと○○は似ている

まあD厨の与太話なんで、あまり本気にしないでください。 ヴェクナ/VecnaD&D界のリッチ代表、今は下級神になってるので直接対峙はあまり無い手下のヴァンパイアの副官に謀反されてる *アインズ対シャルティア戦で、アインズの片目と片手が切り飛ばされないか…

レベル考察 アインズはD&Dの世界でも最強?

アインズほかナザリック勢の強さがD&Dの世界においてどの程度のものなのか、最強厨としては気になるところだと思われる。そこでまあドラゴンとかデーモンロードとか神格とか人外のやつらを除いた、D&Dの有名どころNPCのトップと比較してみよう、という記事で…

ツイートちょっと解説 その2

丸山くがねちゃん(11歳) ?@maruyama_kugane 1月30日 "ねんどろいどアインズを貰ったので、今度のD&Dの俺のフィギュアに使おうと思ったんだけど……でかい! これ! 超大型だ!" これはただ単にフィギュアがでかいと言っている訳では無い、D&D3版ルール上…

トップをねらえ! 幻のカラー版最終話

もう15年以上も前の事。 いつものように2chだったか、ふたばだったかでオタ談義に花を咲かせていたのだが、その中の一人がこんな事を言い出した。 「モノクロで撮られたトップをねらえの最終話は有名だが、それには幻のカラー版が存在した」 彼が言うには、…

非実体はアストラル体?

オーバーロードではゴーストなどの非実体はアストラル体/星幽体とも描写されている。がしかし、D&Dでのゴースト系の非実体/Incorporeal はエーテル界からの顕現に関する能力であり、アストラル界とは関係無いしアストラル体でも無い。 説明が非常に大変な次…

クラス:ファイターは未訳サプリの夢を見るか?

転移後の世界で戦士系クラスが習得している〈武技〉の数々。 これらは一体どうしてユグドラシルには存在しなかったのか、D&Dで同様のものが無いのかといった疑問は2chなどでたまに見られる。 クラシックD&Dには無かったがD&D3版以降に現れた《特技/Feat》が…

ドラゴンの強さに関して 続き

転載で申し訳ないが、2chで興味深い書き込みを見つけた。 160 :この名無しがすごい! (ワッチョイ 77c6-7Gj5)2016/08/18(木) 21:46:19.58 IDBtItomI40フロストドラゴンといえど、魔樹よりは弱いだろうだとするとどんなに強くてもレベル80位かないや、強すぎか 漆…

ユグドラシルは北欧神話が元ネタ

なのでフロスト・ジャイアントの元ネタも北欧神話であり、今後ファイア・ジャイアントなんかが出てきても北欧神話だから当然、と思うかもしれない。それはそれで間違っていないが、やはり考察材料として参考にすべきなのは北欧神話でもウィザードリィでも無…

11巻、ドラゴンの強さに関して

とりあえず無茶を承知でフロスト・ドラゴン=D&D3.5eのホワイト・ドラゴン相当の前提で話を進めていく。まず言いたいのが、オラサーダルク弱すぎ! 巻末のキャラクター紹介を見てみると計46Lvのエインシャントのようだが、D&D3.5eのエインシャント・ホワイト…

「山小人の工匠」描写から見るルール その4

"この世界では魔法の武具は、鍛冶職人が作った武具に、魔法詠唱者が魔法を付与することで作り出される。つまりは、強い武具を作るためには優れた職人よりも、優れた魔法詠唱者が必要だ。" ー44p D&D3版系のマジックアイテムの作成がこれに当たる。あらゆるマ…

「山小人の工匠」描写から見るルール その3

"…ダークエルフというのは話を聞く限り、地下に生きる種族ではなかろう?" 書籍11巻-135p どうやらオバロではダークエルフは地下に住む種族では無いし、あまり他種族から危険視されているような邪悪な存在ではないようだ。ここらへんはワールドセッティング…

「山小人の工匠」描写から見るルール その2

"そして荷物の運搬のために金貨を使って召喚したマンモスのような魔獣が5体だ" 書籍11巻-93p D&D3.5eではアフリカゾウにインドゾウ(ファンタジー世界で何故にアフリカインド?)、マストドンにマンモスまでデータ化されているが、どれも[火]や[冷気]の抵抗…

「山小人の工匠」描写から見るルール その1

ようやく出た11巻、ネタバレになるほどじゃないが一応注意。 ゴンド・ファイアビアド/gondo firebeard 火のアゴヒゲ?ドワーフの氏族名としてソレっぽい名前だなーと思い、基本ルールブックの氏族名の例や「石の種族」なんかを調べていたが、ググってみると…

シャルティアはアンデッドなのに血の狂乱するの?精神作用っぽい名前なのにという疑問

これに関してはなにやらSS「プレイアデスな日」でも触れられているようだが、とりあえずD&D3.5e視点からの推測であれば1つの答えが導き出せる。 すなわち元となったとおぼしき能力、《ライフドリンカー》の「血宴」及び《フレンジード・バーサーカー》の「…

ウォー・トロル、ヤバいよ問題

今回も例によってD&D3.5e中心であまりオバロは関係ないです。 東の巨人「グ」や武王「ゴ・ギン」と、なにかとフィーチャーされてる感のあるウォートロールだが、D&D3.5eでは「モンスターマニュアルⅢ」に森トロル、洞窟トロル、山トロル、結晶トロルと共にト…

HP(ヒットポイント)とは何か

「ヒットポイント 意味」や「ヒットポイント 由来」とかでググっても例によって「ウィザードリィのすべて」の解釈などばかりで、意外と「D&Dの定義」すなわちRPGの基礎知識がすぐには出てこない。まあオーバーロードとはあんまり関係ないかもしれないけど、…

召喚魔法のしくみ

死体から作ったデスナイトが消えないのは?みたいな話題があったので参考に。 D&Dのサモン・モンスター系呪文(招来/SUMMON効果)は他次元界のクリーチャーを一時的に呼び出す呪文である。召喚されたモンスターは仮の姿(顕現)であり、殺されても別次元の本…

「リッチ」の使用は問題ない?

漫画「BASTARD!!」での鈴木土下座ェ門事件などによりD&D関連の著作権に関して非常に厳しい対応をとられるのが知れ渡たり、以降より現在に至るまで出版業界ではそれらモンスターの名称は微妙に改変されたりするのが常であるが、少なくとも3版当時「リッチ」の…

アインズが戦士33Lv相当とは?

これも頻出する疑問だが、高レベル異形種魔法詠唱者という一概に戦闘力が比較しづらいであろうアインズが33Lv相当と言い切っている物は具体的に何なのか。魔法〈パーフェクト・ウォリアー〉を使用すると100Lv相当になるとはどういったことなのか。 これはお…

ツイートちょっと解説

"……ついにリミテッド・ウィッシュの巻物を買って、ヒールに備えるレベルに到達してしまったか。" 丸山くがねちゃん(11歳) 4月29日のツイート この囁きが誰に向けてのものなのか、くがね氏のプレイヤーキャラクターの事なのかは分からないが、どういうこと…

「謀略の統治者」描写から見るルール

"それに魔獣に代表される獣は、精神操作系に弱い。" 書籍10巻-66p D&D3.5eにおいてセーヴィング・スロー(オバロで言うところの抵抗/レジストの為の判定)は頑健、反応、意志の3種類あり、各種修正が掛かる前の基本セーヴ値はクラスや種族によってそれぞれの…

"重爆"レイナースの呪いを解く

あんまり参考にならない気もするが、D&D3.5eでの魔法の病気、呪いの対処方法について書いておく。下の方にいくほど高レベル対応となる。 《リムーヴ・ディジーズ》 クレリック 3Lv 呪文 病気を治す呪文だが魔法の病気はダメな場合もあり、呪いも解けない。 《…

描写から見るルール 主に書籍4巻

いちいち細かい事書いても仕方ないとは思うが新刊までネタが無いのと、D&Dの知識がそのままオバロ世界への理解に直結してるような描写も多いんで、気が付いたら書いていく方針で。 「ジャイアントラットは病気が怖いですね。あとはワーラットなどもいますが……

リグリットのお宅訪問

"通常はドラゴンの鋭敏な知覚を誤魔化すことは出来ない。不可視だろうが、ドラゴンが眠っていようが、ある程度の範囲に入り込んだ段階でドラゴンはそれを即座に知覚する。そんなドラゴンの魔法的感覚器官を潜り抜けることが出来る存在がどの程度いるだろうか…

ゴブリン王の伝説

"トネリコの枝を振り回して、幾多の竜を退治したゴブリン王" 書籍3巻-231p なんとなくゴブリン王のクラスはドルイドで、「トネリコの枝」は呪文焦点具と思い込んでいたが、プレイヤーズ・ハンドブック3.5版を改めてみてみるとドルイドの焦点具は「ヒイラギと…

チョーセンはD&Dに配慮した?

アインズの持つクラス〈チョーセン・オブ・アンデッド〉について、chosenをチョーセンと読むのはおかしいから元ネタのD&Dに配慮して変えたのではないか?と考察されることがある。 たしかにD&Dのワールド設定の一つ「フォーゴトン・レルム」には「チョーズン…

ニンジャのワザマエ

以前の記事クラス能力に書いたが、D&D3.5eでの基本クラス《忍者》は、オーバーロードの双子忍者「ティア&ティナ」のような派手な能力は持っていない。しかし、明らかにD&D系を参考にしたと思われる忍術も2つばかしあるので、それについて書き留めておく。 …

信仰魔法はどこからくるのか

クレリックのパワーの源について、信仰対象の失われているシャルティアや元プレイヤーと目される六大神を崇めることで呪文を得られるのか?疑問に思うことも多いと思うが、これもプレイヤーズハンドブックの説明に書いてある。 "クレリックの中には、1柱の神…

魔法無効化能力について

まぎらわしいので先に書いておくが、オーバーロード作中で魔法を"抵抗/レジストした"という表現が出てくるが、これはD&Dで言うところの"セーヴィング・スローに成功した"であり、以下に述べる魔法無効化能力(呪文抵抗)とは別の判定である。 本題:書籍3巻3…

丸山くがね氏は和マンチなのか

"丸山もウルプリーストを入れてミスティックシーアージやりましたよ。シャーンでやりたかったです。あんなモンスターがいるんだから、レルムは地獄だぜー。"丸山くがねの活動報告:「ソードワールド」のコメント返しより D&D3.5e経験者なら、この発言だけで…

蜥蜴人の犯した罪とは

"リザードフォークの社会は父系制で、もっとも強力なメンバーが他の者たちを支配する。祈祷師は助言を与えるが、自分がリーダーになることは滅多にない。リザードフォークの最も重要な関心は生き延びることにあるため、脅威や飢餓に襲われた部族はその存続を…

「二人の指導者」描写から見るルール その2

"馬鹿な。私は拘束に代表される、移動困難に対する完全耐性をアイテムで得ている。"―330p 代表的な物は《移動の自由の指輪/リング・オヴ・フリーダム・オヴ・ムーヴメント》 今の今までずっと「リング・オヴ・フリーダム・ムーヴメント」だと思ってた…オヴが…

「二人の指導者」描写から見るルール その1

書籍8巻からいろいろと バーゲストに使用した粘着剤(錬金アイテム)―65p 《足留め袋/Tanglefoot Bag》50gpネバネバの入った皮袋。命中すると絡み付かれた状態になり、セーヴ失敗で床に粘着される。サイズが超大型以上には効かないが、飛行モンスターも上手…

隣り合わせの灰と幻想

今回の記事はオーバーロードと関係ありません。 遅ればせながら「灰と幻想のグリムガル」アニメ8話を観た。このアニメシリーズは、原作でやや低年齢層向けに描かれていた部分をクオリティの高さとオリジナルシーンで大幅に補完しており、素晴らしい作品に仕…

ダークエルフはじめて物語

"―あたしはまだ70代なんですから」「あ、ああ。そうだなまだまだ子供だな。―" 書籍8巻373p D&D3.5eでのダークエルフの成年は110歳とされている。(人間は15歳)ここから考えるにアウラの年齢は人間にすると10歳程度と見ていいだろう、さあ萌えるがよい。 ち…

王国戦士長の刃は 仔山羊の触手を断つことが出来るのか?

出来る 出来るのだ ネタはさておき、黒い仔山羊VSガゼフ・ストロノーフの3.5版的無理やり考察です。「クトゥルフの呼び声」(クトゥルフ神話TRPG)には幸いなことにd20版(D&D3版系と互換性が有る)があり、ここにモンスターデータとして「シュブ=ニグラス…

「大墳墓の侵入者」描写から見るルール

"アルシェは周囲を伺い、再び浮かぶとトロトロとした速度で中空を進む。本来の《フライ/飛行》からすれば非常に劣る速度で進むのは、周囲を伺うためだ。全力で飛んでいると、流石に周囲を伺う余力はないし、視認のタイミングが遅れる。" 技能〈視認〉や〈聞…

D&Dと指輪物語

注:今回はオーバーロードは関係ありません。 D&Dと指輪物語の共通点は(意外に)少ない。これはD&Dの成立と指輪物語の関係性について調べたことがあるなら当然わかってもらえると思うが、その点を考慮してもなおファンタジーにおける指輪物語の重要性は大き…

ダメージ種別(殴打、刺突、斬撃)

オーバーロード作中でスケルトンは殴打武器に弱い、とか冒険者は数種類の武器を持ち歩いているなど何度も描写されてますが、これもD&D3.5eではよくある風景であり、なぜかといえば一部モンスターが持つ能力、《ダメージ減少/Damage Reduction》由来によるも…

スクロールを騙すとは

D&D3.5eの消費型魔法のアイテムの基本ルールについてでも語ろうかと思いましたが、すごく大変なのでオーバーロード二次創作で参考にしたいとか思ってる人は「Pathfinder 魔法のアイテム」とかでググればいいと思うよ!*Pathfinder RPG :4版でルールがガラッ…