読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

はじめに

このブログは丸山くがね氏の小説「オーバーロード」について、そのユグドラシル世界に大きく影響をあたえているであろう、ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版(以降D&D3.5e)視点から、元ネタを考察していく個人的な備忘録です。「オーバーロード」内から出展の…

追記ログ

今更ですみませんが。 2017/04/28 吸血鬼幻想ヴァンピリック武器、スキルによる飛行能力強化、使用呪文〈グレーター・テレポーテーション/上位転移〉を追記 呪文 その3 ゲート呪文ちょい修正 2017/04/22 エントマのキャラシー能力値をポイントバイから精…

"王国戦士長" フルアーマーガゼフ

人間のウォーブレード6/ファイター2 ECL8 脅威度8 秩序にして善、中型サイズの人型生物 ヒット・ポイント:87(6D12+2D10+32) イニシアチブ+3 移動速度:20ft アーマ・クラス:22、接触13、立ちすくみ17 ダメージ減少3/‐ 基本攻撃/組み付き:+8/+17 攻撃:…

オーバーロード 山小人の工匠 カバーイラスト

ご存知11巻の表紙だが、なんとなく似ているもの(*個人の感想です)を集めてみた まずはD&Dベーシック・ルール・セット(クラシックの4版1983年)のボックスアート、ラリー・エルモアの手による有名なイラストである。なおこの装丁はD&D4版スターター・セッ…

ブレイン・アングラウス

人間のケンセイ5/ソードセイジ2 ECL7 脅威度7 秩序にして中立、中型サイズの人型生物 ヒット・ポイント:54(5D10+2D8+14) イニシアチブ+7;知覚 暗視60フィート 移動速度:30ft アーマ・クラス:19、接触15、立ちすくみ17 基本攻撃/組み付き:+6/+10 攻撃…

セバス・チャンの高速移動

"俺は領域を発動させていたんだぞ? 範囲は狭いが、一直線に走ったのであれば引っかかったはずだ。にも関わらず察知できなかった……? " 書籍5巻-353p まあバトル漫画とかによくあるパターンではあるが、ここからセバスの尋常でないスピードを読み取る向きも…

"森の賢王" ハムスケ

アウェイクンド・ジャイアント・ジャンガリアンハムスター 脅威度7 真なる中立、大型サイズの魔獣(変性種動物) ヒット・ポイント:90(9D10+36) イニシアチブ+4;知覚 暗視60フィート、夜目 移動速度:40ft、登攀20ft アーマ・クラス:18、接触12、立ち…

オバロの魔法名は厨二成分が足りない

という意見に対し、なぜならD&Dがベースになっているから、と答えることは簡単だ。 さらにもう一歩話を進め、D&Dでの呪文名がなぜこのような簡素な英単語の組み合わせになっているかというと、ジャック・ヴァンスのファンタジー小説「終末期の赤い地球」シリ…

"蟲愛でるメイド" エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ

アレイニアのソーサラー4/アラクノマンサー1/ヴァーミン・ロード7/エキゾチックウェポン・マスター1 計16HD ECL20 脅威度18中立にして悪 中型サイズの魔獣(変身生物) ヒット・ダイス:4D10+4D4+8D6+64(128HP) イニシアチブ:+11 移動速度:60フィート、登…

「Web版イビルアイ」描写から見るルール

改めて読んでみると、Web版のイビルアイ対デミウルゴスからアインズによるレベル推察の一連の流れが非常に分かりにくい気がするので、ちょっと解説してみる。 "デミウルゴスは未知の魔法を使われたことに警戒感はあったため、僅かに威力を殺し、様子を見ると…

アインズと○○は似ている

まあD厨の与太話なんで、あまり本気にしないでください。 ヴェクナ/VecnaD&D界のリッチ代表、今は下級神になってるので直接対峙はあまり無い手下のヴァンパイアの副官に謀反されてる *アインズ対シャルティア戦で、アインズの片目と片手が切り飛ばされないか…

レベル考察 アインズはD&Dの世界でも最強?

アインズほかナザリック勢の強さがD&Dの世界においてどの程度のものなのか、最強厨としては気になるところだと思われる。そこでまあドラゴンとかデーモンロードとか神格とか人外のやつらを除いた、D&Dの有名どころNPCのトップと比較してみよう、という記事で…

Pretty Cure d20 D&D3.5e Homebrew Characters

まほプリ終了記念!(遅ぇ 以前にもちょっと書いたが、諸外国ではD&D3版系のデータ自作作成は盛んなようで、ちょいとググるとすぐにキングギドラとか加藤保憲とか、使いどころの分からないデータが数々見つかる。(それにしても東宝>とほ王国のネーミングセ…

ツイートちょっと解説 その2

丸山くがねちゃん(11歳) ?@maruyama_kugane 1月30日 "ねんどろいどアインズを貰ったので、今度のD&Dの俺のフィギュアに使おうと思ったんだけど……でかい! これ! 超大型だ!" これはただ単にフィギュアがでかいと言っている訳では無い、D&D3版ルール上…

トップをねらえ! 幻のカラー版最終話

もう15年以上も前の事。 いつものように2chだったか、ふたばだったかでオタ談義に花を咲かせていたのだが、その中の一人がこんな事を言い出した。 「モノクロで撮られたトップをねらえの最終話は有名だが、それには幻のカラー版が存在した」 彼が言うには、…

非実体はアストラル体?

オーバーロードではゴーストなどの非実体はアストラル体/星幽体とも描写されている。がしかし、D&Dでのゴースト系の非実体/Incorporeal はエーテル界からの顕現に関する能力であり、アストラル界とは関係無いしアストラル体でも無い。 説明が非常に大変な次…

呪文 その26

〈レイ・オブ・ネガティブエナジー/負の光線〉 ?位階 《エナヴェイション》 ウィザード4Lvカジットがスケリタルドラゴンに使用。負のエネルギーの光線呪文は他にもいろいろあるが、黒色の光線という点からこの呪文が元ネタだと思われる。オバロでのようにア…

クラス:ファイターは未訳サプリの夢を見るか?

転移後の世界で戦士系クラスが習得している〈武技〉の数々。 これらは一体どうしてユグドラシルには存在しなかったのか、D&Dで同様のものが無いのかといった疑問は2chなどでたまに見られる。 クラシックD&Dには無かったがD&D3版以降に現れた《特技/Feat》が…

アインズが鎧着たまま使える魔法が5つとかいう話

D&D3版系ではファンタジー世界のリアリズムを無駄に追求したせいか、呪文の発動プロセスにはさまざまな構成要素がそれぞれ呪文ごとに決められおり、それらを全て満たす必要がある。 ファイアーボールを例に挙げると ポーチよりコウモリの糞と硫黄を取り出し…

クラス考察 その7

"ちなみにツアーとかは種族レベルに加えて特殊な(非常に優秀な)ドラゴン専用クラスを多数習得しております。" 11巻作者雑感 D&D3.5eサプリ「ドラコノミコン」によると竜がキャラクター・クラスをとることは滅多にないが、それでも少なからぬ数のドラゴンが…

至高の四十一人 豆知識

元ネタと言うほどの情報でもないが、ちらほらとTRPG用語っぽいものが見られるので。 ク・ドゥ・グラース とどめの一撃/coup de grace、通称:クーデグラが名前の由来だと思われる。D&D3.5eでは無防備状態の敵に対して行える攻撃で自動クリティカル、即死判定…

呪文 その25

〈フォース・エクスプロージョン/力場爆発〉シャルティアが対アインズに使用。名称や術者中心の爆発という効果からソード・ワールドの神聖魔法Lv7の呪文が元ネタみたい。てかD&Dにも普通にありそうな名前なんで、力場属性の呪文をずっと探してた… 〈センス・…

ドラゴンの強さに関して 続き

転載で申し訳ないが、2chで興味深い書き込みを見つけた。 160 :この名無しがすごい! (ワッチョイ 77c6-7Gj5)2016/08/18(木) 21:46:19.58 IDBtItomI40フロストドラゴンといえど、魔樹よりは弱いだろうだとするとどんなに強くてもレベル80位かないや、強すぎか 漆…

ユグドラシルは北欧神話が元ネタ

なのでフロスト・ジャイアントの元ネタも北欧神話であり、今後ファイア・ジャイアントなんかが出てきても北欧神話だから当然、と思うかもしれない。それはそれで間違っていないが、やはり考察材料として参考にすべきなのは北欧神話でもウィザードリィでも無…

レイナースの呪い、やっぱダメかも

以前の考察でレイナースにかけられた呪いについて、3Lv呪文で解けるじゃろとかテキトー抜かしていたが、改めて調べるとけっこう大変な可能性があることが分かった。 例によって「不浄なる暗黒の書」である。この本の28pには呪いのバリエーションがいろいろ書…

アインズ様の能力 詳細不明分に関する幾つか

名称のみ判明しているアインズの特殊能力のうち、効果が不明の物が幾つか残っているが、D&D的に名称からそれっぽい効果が推測出来る物があるので考察しておく。 〈不浄なる加護〉上記語句をそれらしい英語に直すとUnholy Graceとなる。この能力はセーヴ(抵…

11巻、ドラゴンの強さに関して

とりあえず無茶を承知でフロスト・ドラゴン=D&D3.5eのホワイト・ドラゴン相当の前提で話を進めていく。まず言いたいのが、オラサーダルク弱すぎ! 巻末のキャラクター紹介を見てみると計46Lvのエインシャントのようだが、D&D3.5eのエインシャント・ホワイト…

願望機

纏まらないから箇条書きにメモ。オバロとはほぼ関係無いし、ストルガツキイ兄弟とも関係無い。 ダグダの大釜 ケルト神話 ダーナ神族四秘宝の一つ"尽きざるもの""誰をも満足せずには帰さなかった""死者をこの釜で煮ると復活"願望機、食料を無限に生み出す、魔…

「山小人の工匠」描写から見るルール その4

"この世界では魔法の武具は、鍛冶職人が作った武具に、魔法詠唱者が魔法を付与することで作り出される。つまりは、強い武具を作るためには優れた職人よりも、優れた魔法詠唱者が必要だ。" ー44p D&D3版系のマジックアイテムの作成がこれに当たる。あらゆるマ…

「山小人の工匠」描写から見るルール その3

"…ダークエルフというのは話を聞く限り、地下に生きる種族ではなかろう?" 書籍11巻-135p どうやらオバロではダークエルフは地下に住む種族では無いし、あまり他種族から危険視されているような邪悪な存在ではないようだ。ここらへんはワールドセッティング…

「山小人の工匠」描写から見るルール その2

"そして荷物の運搬のために金貨を使って召喚したマンモスのような魔獣が5体だ" 書籍11巻-93p D&D3.5eではアフリカゾウにインドゾウ(ファンタジー世界で何故にアフリカインド?)、マストドンにマンモスまでデータ化されているが、どれも[火]や[冷気]の抵抗…

「山小人の工匠」描写から見るルール その1

ようやく出た11巻、ネタバレになるほどじゃないが一応注意。 ゴンド・ファイアビアド/gondo firebeard 火のアゴヒゲ?ドワーフの氏族名としてソレっぽい名前だなーと思い、基本ルールブックの氏族名の例や「石の種族」なんかを調べていたが、ググってみると…

クラス考察 その6

〈テンプラー〉ラキュース、ロバーデイク直訳すると聖堂騎士。D&D3.0eでの《テンプラー》は、パラディンで無くともなれるパラディンぽい強い上級クラスである。説明しだすと長いのでココを見てほしいが、前衛戦闘職としてやたら強力でファイターディスりネタ…

シャルティアはアンデッドなのに血の狂乱するの?精神作用っぽい名前なのにという疑問

これに関してはなにやらSS「プレイアデスな日」でも触れられているようだが、とりあえずD&D3.5e視点からの推測であれば1つの答えが導き出せる。 すなわち元となったとおぼしき能力、《ライフドリンカー》の「血宴」及び《フレンジード・バーサーカー》の「…

ペストーニャの種族、モチーフ?

"メイド長とかはメイド服を着た触手ですから、設定では。" SS投稿掲示板の感想返し すでに大百科のコメ欄でも考察されているが、あさりよしとおの漫画「宇宙家族カールビンソン」に登場するキャラクター「ジョン」が発想元になっているのではないかと自分は…

ウォー・トロル、ヤバいよ問題

今回も例によってD&D3.5e中心であまりオバロは関係ないです。 東の巨人「グ」や武王「ゴ・ギン」と、なにかとフィーチャーされてる感のあるウォートロールだが、D&D3.5eでは「モンスターマニュアルⅢ」に森トロル、洞窟トロル、山トロル、結晶トロルと共にト…

粘体拳士 ヘロヘロ

粘体(ウーズ)でありながらモンクであるという、いったいどういう格闘術をくりだすのか想像のつかない面白さといい、ユグドラシルのキャラメイクの自由さを物語るキャラクターであるが、残念ながら粘体拳士はD&Dがすでに10年前に通過しているネタである。 W…

カジットのクラス構成

公開された11巻表紙イラストかっこいー!見上げたドラゴンの腹の下に財宝という構図はクラシックD&Dの箱絵を彷彿とさせるし、腰の引けたドワーフは「指輪物語」(昔の評論社文庫)の表紙絵でのホビットのよう。なにはともあれ本格ファンタジー感がひしひしと…

アインズ様のオーラ

せっかく書籍10巻でアインズのオーラの種類が書かれたので、各種状態異常をD&D3.5e的に解説してみる。 〈絶望のオーラI(恐怖)〉怯えることによって、ありとあらゆる動作に対してペナルティが与えられる D&D3.5eでは 《怯え状態》は軽度の[恐怖]の状態。…

HP(ヒットポイント)とは何か

「ヒットポイント 意味」や「ヒットポイント 由来」とかでググっても例によって「ウィザードリィのすべて」の解釈などばかりで、意外と「D&Dでの定義」すなわちRPGでの基本情報がすぐには出てこない。まあオーバーロードとはあんまり関係ないかもしれないけ…

アイテム その6

〈踊る武器〉エドストレームの魔法〈ダンス/舞踊〉の効果〈浮遊する剣群/フローティング・ソーズ〉ラキュース装備〈踊る武器〉による四刀流 元オリハルコン級冒険者フランセーン装備 D&Dのダンシングウェポンは基本ルール内での近接武器に付く能力としては最…

超位魔法とエピック呪文

以前にオーバーロードでの高位魔法はD&Dとは違いオリジナル度が高いと書いた。超位魔法と似たような名前の呪文は《ウイッシュ》を除くとD&Dでは見られないが、超位魔法の習得レベルや使用回数などシステム的な部分に置いていくつかD&D3版での「エピック呪文…

召喚魔法のしくみ

死体から作ったデスナイトが消えないのは?みたいな話題があったので参考に。 D&Dのサモン・モンスター系呪文(招来/SUMMON効果)は他次元界のクリーチャーを一時的に呼び出す呪文である。召喚されたモンスターは仮の姿(顕現)であり、殺されても別次元の本…

吸血鬼幻想

シャルティアの各種能力について考察して纏めたいところだが、元ネタと言い切るにはいろいろ足りない部分も多い。超メジャーなモンスターである吸血鬼ともなると、くがね氏もいろんな所からインスパイアを受けているだろうし今回はこじつけというか、D&D3.5e…

「リッチ」の使用は問題ない?

漫画「BASTARD!!」での鈴木土下座ェ門事件などによりD&D関連の著作権に関して非常に厳しい対応をとられるのが知れ渡たり、以降より現在に至るまで出版業界ではそれらモンスターの名称は微妙に改変されたりするのが常であるが、少なくとも3版当時「リッチ」の…

アインズが戦士33Lv相当とは?

これも頻出する疑問だが、高レベル異形種魔法詠唱者という一概に戦闘力が比較しづらいであろうアインズが33Lv相当と言い切っている物は具体的に何なのか。魔法〈パーフェクト・ウォリアー〉を使用すると100Lv相当になるとはどういったことなのか。 これはお…

「英雄の領域」とは

くがね氏の言やキャラ紹介によると、クレマンティーヌ、ラキュースが「英雄の領域」、ガゼフが「片足突っ込む」らしいがこれはどういったものなのか? 80年代半ばに和訳され、くがね氏もプレイを明言しているクラシックD&Dでは1~9Lvまでキャラクターレベ…

ツイートちょっと解説

"……ついにリミテッド・ウィッシュの巻物を買って、ヒールに備えるレベルに到達してしまったか。" 丸山くがねちゃん(11歳) 4月29日のツイート この囁きが誰に向けてのものなのか、くがね氏のプレイヤーキャラクターの事なのかは分からないが、どういうこと…

「謀略の統治者」描写から見るルール

"それに魔獣に代表される獣は、精神操作系に弱い。" 書籍10巻-66p D&D3.5eにおいてセーヴィング・スロー(オバロで言うところの抵抗/レジストの為の判定)は頑健、反応、意志の3種類あり、各種修正が掛かる前の基本セーヴ値はクラスや種族によってそれぞれの…

"逸脱者"フールーダ・パラダインのローブの色

オーバーロードWeb版、大虐殺-2においてフールーダはかつての純白のローブではなく、漆黒の姿で現れた。非常に解りやすい悪墜ちビジュアルではあるし、ガンダルフが白のローブで復活した逆パターンと見る人もいるだろうが、D&D系ではさらにはっきりとした…