Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

はじめに

このブログは丸山くがね氏の小説「オーバーロード」について、
そのユグドラシル世界に大きく影響をあたえているであろう、ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版(以降D&D3.5e)視点から、元ネタを考察していく個人的な備忘録です。
オーバーロード」内から出展のものは〈山カッコ〉、D&D3.5e出展のものは《二重山カッコ》で表記しています。
D&D3.5eについては、特に記載ない限り基本ルールブック3冊(PHB,DMG,MM)からの出展です。

自分は3版系で邦訳された分はほぼ全てルールブックを揃えていますが、なにぶん物量が多く未訳まで含めると甚大な量となります。また丸山くがね氏がプレイ経験を明言しているクラシックD&D(赤箱)、ダンジョンズ&ドラゴンズ4版、ソードワールドガープスなどについての知識はほとんどありません。
そのため勘違い、的外れな考察もあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

追記ログ

今更ですみませんが。

2017/10/17 アインズが鎧着たまま使える魔法が5つとかいう話
「冷たい鉄」設定について修正追記

2017/10/9 アイテム考察〈剃刀の刃/レイザーエッジ〉の能力
コメ欄で指摘されたアイテムを紹介

2017/10/7 呪文 その12
蘇生呪文についてもうちょっと追記

2017/10/5 オーバーロード 山小人の工匠 カバーイラスト
"竜殺し"の画像を追加

2017/10/3 クラス考察 その5
聖騎士の使用する魔法について追記

2017/9/16  歩いていこうよ、どこまでも
冒頭を書籍からの引用に差し替え

2017/8/21  「二人の指導者」描写から見るルール その1
トロールについて追記

2017/7/19  「ソス卿はどうしてデスナイトになったんですか?」
ソス卿についてちょっと追記

2017/7/15  ユグドラシルは北欧神話が元ネタ
ケツァルコアトルについて追記修正

2017/7/14  呪文その3 転移系魔法
アンティシペイト・テレポーテーションについて追記

歩いていこうよ、どこまでも
宇宙空間のダメージについて追記

2017/6/28 クラス考察 その4
モンクについてちょっと追記

2017/6/26 D&Dと指輪物語
ミスリルについて追記

2017/6/23 呪文その5
ウェイル・オヴ・ザ・バンシーの利便性について追記

2017/5/26 異形種の使い勝手
アンデッドの耐性について追記

2017/5/5 アイテム その6
〈魔力を隠すために装備していた指輪〉に追記

2017/04/28 吸血鬼幻想
ヴァンピリック武器、スキルによる飛行能力強化、使用呪文〈グレーター・テレポーテーション/上位転移〉を追記

呪文 その3 ゲート呪文ちょい修正

2017/04/22 エントマのキャラシー
能力値をポイントバイから精鋭規定値に変更、NPCベースってことで。

2017/04/07 「英雄の領域」とは
領地運営についてさらに追記

2017/03/22  アインズと○○は似ている
ちょっと追記

2017/03/12  呪文 その3
テレポ失敗について追記

2017/03/5  「リッチ」の使用は問題ない?
C・A・スミスについて追記

2017/02/21 魔法強化系スキル
補足追記

2017/02/15 タイム・ストップ関係ちょい修正
エルミンスターの耐性に英語版でエラッタ出てた…

2017/02/14 呪文 その12
蘇生呪文についてちょっと追記

2017/02/12 スクロールを騙すとは
ちょっと加筆修正

2017/02/08 HP(ヒットポイント)とは何か
ちょっと追記

2017/02/07 アインズが鎧着たまま使える魔法が5つとかいう話
鎧装備制限に関してさらに追記

2017/02/07  呪文 その4
〈ウィッシュ・アポン・ア・スター〉に関してさらに追記

2017/02/06  「謀略の統治者」描写から見るルール
アンデッドの描写について追記

2017/02/04 「英雄の領域」とは
領地運営について追記

呪文 その27

アインズがアウラに対し"精神的な結びつきを魔法で作っておこう" 書籍3巻318p
《テレパシック・ボンド》 ウィザード5Lv

この呪文で一旦精神的リンクを繋いでしまえば、どれだけ距離があろうと意思疎通が出来る(別次元にいるとかで無ければ)


"〈透明化〉という魔法があるのは知っているが、それがどんな魔法で、どうしたら効果が切れるかなどは知らないからだ" 書籍12巻-78p

ウィザード2Lv呪文《インヴィジビリティ》では、対象が何らかのクリーチャーを「攻撃」した瞬間に不可視状態が解ける。また間接的に害をなす行動は攻撃とはみなされず、モンスターを召喚して攻撃させたり、縄を切って敵を落とすなどでは不可視状態は解けない。
さらには上位呪文の《グレーター・インヴィジビリティ》4Lvでは、攻撃的な行動をとっても不可視状態は解けない。


"一応、聖騎士の使う魔法の中にも飛行の魔法は存在するんだが、あれらはかなりの高位魔法だ" 書籍12巻-273p

D&D3.5eのパラディン呪文には、自身に飛行能力を与えるような呪文は無いが、4Lv呪文《ウィングド・マウント》では自身の「特別な乗騎」1体に飛行能力を与える事ができる。

なお注意して欲しいのはパラディンは専門術者クラスとは違い呪文習得は遅く、最大の呪文Lvが4ということである。
この《ウィングド・マウント》を習得するのに最低14Lv、他クラスの7Lv呪文以上に相当すると思って良い。


"私が知っているのは、ありとあらゆる系統の魔法に置き換えられるということだな。分かり易く言えば、それを使うことによって死者すらも蘇らせることができる" 書籍12巻-354p

幻術系統の最高位呪文《シェイズ》ウィザード9Lvでは影界のエネルギーから半ば実在する幻影を作り出す。実際の効果としてはウィザード8Lv以下の召喚術(創造or招来)をどれでも再現することができる。
だが蘇生呪文はクレリックの召喚術(治癒)であり、シェイズで再現は出来ない。

数日に一度という描写からもこれはユグドラシルでの幻術系超位魔法のことを指しているのだろう。

なお「あらゆる系統の魔法に置き換えられる」という点はD&Dでの《ウィッシュ》呪文の効果と同一だが、ウィッシュの基本概念は「世界を騙す」では無く「現実改変」となっている。

「聖王国の聖騎士」描写から見るルール その1

"安寧の権天使が低位の信仰系魔法を操り、悪意に対する加護、悪を討つ一撃、全体沈静化などの特殊技術を持っているのは知っている" 書籍12巻-77p

D&D3版系のハーフセレスチャル(半天使)など善の来訪者の血を引く者は特殊能力《悪を討つ一撃》を標準として持つが、肝心のセレスチャル自体はなぜか《悪を討つ一撃》は持っていない。
この能力は悪属性の敵に対する近接攻撃に追加ダメージというもの。なおクラス:パラディンも《悪を討つ一撃》を基本的な能力として持つが、オバロのこれは〈聖撃〉となっているようだ。

*セレスチャルはアルコン、エラドリン、エンジェル、ガーディナルの4種に分かれており、この内のアルコンとエンジェルが比較的日本人のイメージする天使に近い...とか書こうと思ったのだがヘタな先入観を持たれるとマズいので、まずはD&D系のサイトとかで画像を確認して欲しい。「みすずちん」の例もあるしね。

 

"悪魔は炎などに耐性を持つ者が多いが、聖炎は炎と聖属性を併せ持つので炎耐性では半分までしか防ぐ事ができない" 書籍12巻-85p
《バーテズゥ》の副種別を持つクリーチャー、所謂デヴィルは[火]に対して完全耐性を持つ。また《タナーリ》の副種別を持つクリーチャー、デーモンは[酸][火][冷気]それぞれに抵抗10を持つ。

さらに「聖炎は炎と聖属性を併せ持つ」という部分はココで紹介した呪文《フレイム・ストライク》が相当する。

 

"巨人の亜種といえるトロール" 書籍12巻-163p
"ふーん、巨人とは戦ったことがないからなぁ。いや、オーガとかなら別だけど" 書籍12巻-166p

前に"グ"の所でちょっと書いたが、D&D3板系ではトロール及びオーガは共に種別:巨人となる。

 

"上位死霊だ。非実体の存在であるがゆえに、壁などを通り抜けて行動する事ができる。……無論、無限に通り抜けることができるというわけではないのだが……" 書籍12巻-314p

非実体クリーチャーは固体に侵入したり固体を通り抜けることができるが、物体の外縁に隣接し続けていなければならず、よって自身より大きいスペースの物体を完全に通り抜けることはできない。また[力場/フォース]効果を通り抜けられない。

以上からわかるように、この手のモンスターは壁の中で待ち伏せしていて冒険者が通りかかると「こんにちわ」という戦法をとる事が多い。
この場合だと《シー・インヴィジリティ》呪文を掛けていても壁の中までは感知できないからだ。

 

オーバーロード英訳版のアレコレ

12巻発売大盛況につきサイト訪問者も増えてるとこ悪いが記事に纏めるにはまだまだかかりそうなので、読み進めていたオバロ英訳版のネタを投入。我ながらイヤな読者だなぁとは思うが、気になるゲーム用語を中心にどのような訳となっているかをチェツク!
いつものように〈オーバーロード英訳版〉《D&D3版系》での並びになっています。


ミスリル〈mythril〉ミスラル《mithral》
ちなみに本家トールキンだと綴りはMithrilになる、間違い探しかよ

精神作用〈psychic effects〉《Mind-Affecting》

即死〈instadeath〉《Death》

刺突武器〈Stabbing Weapon〉《piercing weapon》
斬撃武器〈Cutting Weapon〉《slashing weapon》
殴打武器〈Battering Weapon〉《bludgeoning weapon》

魔法の掛けられた武器〈enchanted weapons〉《magic weapons》
一般的なRPGでは物品に呪文を掛ける強化などにenchantが使われることが多いが、D&Dでは人の心に掛ける呪文(恋のおまじない、魅了)としての英語の使い方からenchant=心術という分類になっている。


闇視/ダークビジョン〈Night Vision〉《Darkvision》

視認困難〈bad visibility〉《Concealment》

外皮〈skin〉《Natural Armor》

 

魔力系魔法詠唱者〈magical-type magic user 又は arcane-type magic caster〉
秘術術者《arcane spellcaster》

信仰系魔法詠唱者〈faith-type magic caster〉
信仰術者《divine spellcaster》

死霊術系統〈ghost tree〉《Necromancy School》

高速治癒〈rapid healing》《Fast Healing》

生命力吸収〈absorbing life force〉《Energy Drain》

清浄投擲槍〈Purifying Lance〉
不浄衝撃盾〈Impure Shock Shield〉
前にシャルティアの所で書いたがD&Dだと《清浄/Sacred》《不浄/Unholy》となる。

気〈chi〉《ki》
諸外国では中国での発音に近いqiやchi表記が主流のようだが、D&Dでは伝統的にkiである。だからといってデザイナーが日本文化に精通しているとはとても言えないオリエンタルアヤシゲ用語ごちゃまぜ状況だが

聖印〈sigil〉《holy symbol》

アンデッド退散〈undead exorcism 又は Cast out〉《Turn Undead》

非実体〈ghostly 又は insubstantial 又は incorporeal〉《incorporeal》
表記揺れが多い。

 

正のエネルギー〈justice energy〉《Positive energy》
正義のエネルギーっすか…
3巻に負のエネルギー〈negative energy〉の対になるものとして効果の説明があるが、ここまできて訳者は自分の犯した間違いに気付いたのではなかろうか。


盗賊/ローグ〈thief〉《Rogue
ローグってわざわざルビ振ってあるのに…
一般的な意味からクラス名って分かりにくいと判断したのかな。


総称:悪魔〈Demon〉 
魔鬼/デーモン〈fiend〉 魔人/デビル〈devil〉

総称:魔物/フィーンド《fiend》
魔鬼/デーモン《Demon》 悪魔/デヴィル《devil》

翻訳の過程でフィーンドとデーモンが入れ替わっている。


攻性防壁〈reactive barrier〉
またしてもバリアーである(攻殻英語版と同じ訳)
この訳で攻性防壁という言葉の持つカッコ良さが伝わるのかなあ?
…もう某エロゲみたいにBlack ICEでいいじゃん!


ケンセイ〈Saber Sage〉
いや、メリケンのオタにはKensaiで通じるよ?

〈ホーリースマイト〉はどのくらい痛いの?

現地勢がアインズ様にダメージを与えた数少ないシーンという事もあり、「威光の主天使」が発動した〈ホーリースマイト〉については色々と話題になる事が多い。
2chなどではアインズ様のオレツウェイ感からかヒット・ポイント1%も減らなかったんじゃないか?という意見も割合多く見られる。
ただまあオバロ作中の描写だけでは何とも言えない状況であり無根拠な推察に走りがちであるが、とりあえずD&D3.5eであのシーンを再現するとしたら大体の所は試算できるのでやってみる。


まずはアインズのヒット・ポイント、
3.5版ではアンデッドのHPはクラスや能力値にかかわらずヒット・ダイス×d12で算出されるので、キャラメイクで一番良く使われる「1Lv目は最大、あとは平均値」のダイス目計算ルールでは、おおむね28HDのアインズは187hpとなる。


次に〈ホーリースマイト〉のダメージを考えてみる。

「モンスター・マニュアル3.5版」に記載されているエンジェル3種はどれも《ホーリィ・スマイト》を擬似呪文能力として発動できるが、これは「善の領域」3Lv呪文であり、これではアインズの低Lv呪文無効化能力で防がれてしまう。

だがオバロの〈ホーリースマイト〉は第七位階。これは《ホーリィ・スマイト》の上位呪文であり「信仰大全」に収録された7Lvクレリック呪文《ライチャス・スマイト》に相当すると思われる。

*悪のクリーチャーに術者Lv×d6のダメージ、1d4ラウンドの盲目化、意思セーヴ成功でダメ半減及び盲目効果無し、悪の来訪者に対してはd8とダメージダイスが大きくなり、善のクリーチャーにはノーダメ

次に呪文のダメージを算出するのに必要な「威光の主天使」の強さ(術者レベル)についてだが、現地では最上位天使、アインズからすればザコ、でも第七位階が使えるということであり、ここらの点から考量してD&D3.5eのアストラル・デーヴァ相当で話を進める。

*アストラル・デーヴァはMMに記載されたエンジェルの内では一番弱いが、それでも脅威度14(オバロ49Lvパーティと張り合う強さ)、多数の擬似呪文能力を持ち、この内の《ホーリィ・ワード》が《ライチャス・スマイト》に入れ替わっていても呪文Lv的に問題は無い。

アストラル・デーヴァの術者Lvは12である為、《ライチャス・スマイト》のダメージ期待値は12d6=42
「威光の主天使」は作中、ロッドで《呪文威力強化》していた為に1.5倍して63

エピック術者であり意思セーヴが高いアインズは95%でセーヴ成功するだろうから、ダメージ半減して31.5

結果、アインズのヒット・ポイントからすれば約16.8%のダメージとなる。


無論、以上の計算はあくまでD&D3.5e上での期待値であり、実際はどうだったのかは分からない。
HP算出一つ取ってみても後継のパスファインダーRPGでは大幅に増えるし、ましてインフレが激しいであろうMMOベースのユグドラシルでは本当にダメージが1%未満という事もあり得るかも知れない。
しかし「3版D厨ならば、このような物の考え方をする」という点においては、くがね氏の考えるダメージの考察材料として十分意味があるものと思われる。

"溶解の檻" ソリュシャン・イプシロン

ショゴス・ロードのローグ2/アサシン1 18HD 脅威度17

中立にして悪、中型サイズ(人間形態)または超大型サイズ(ショゴス形態)の粘体(上位の独立種族)

ヒット・ポイント:171(15D8+3D6+90) ;高速治癒2

完全耐性:粘体の完全耐性 及び[音波][酸]

イニシアチブ+7;知覚 擬似視覚60ft

移動速度:30ft(人間形態)/40ft(ショゴス形態)

アーマ・クラス:18、接触13、立ちすくみ15  ダメージ減少10/-

基本攻撃/組み付き:+16/+23 ショゴス形態時は組み付き+31

攻撃:+2アサシンズ・ダガー=+25近接(1d4+9/19-20)
または偽足による叩きつけ=+23近接(1d6+7)

全力攻撃:+2アサシンズ・ダガー=+25/+20/+15/+10

セーヴ:頑健+17、反応+20、意志+12

能力値:筋力24/敏捷力16/耐久力20/知力/17/判断力11/魅力7(ショゴス形態時は魅力17)

技能:〈威圧〉+6、〈解錠〉+9、〈隠れ身〉+23、〈忍び足〉+27、〈呪文学〉+5、〈捜索〉+17、〈魔法装置使用〉+20

特技:《イニシアチヴ強化》《素早いとどめ》《早抜き》《技能熟練》(魔法装置使用)《能力熟練》(致死攻撃)《魔道師退治》《魔法的防御貫通》

装備
アサシンズ・ダガー:+2ダガー(致死攻撃のDC+1)、+1ミスリルチェイン・シャツ(追加能力 グラマード、インプルーヴド・サイレント・ムーヴズ、インプルーヴド・シャドウ) 、ヘッドバンド・オヴ・インテクレイト+4、グラヴズ・オヴ・デクスタリティ+6、ワンド・ブレスレット、ベルト・オヴ・ヒドゥン・ポーチズ、ブーツ・オヴ・トラックレスネス、ヴェスト・オヴ・レジスタンス+3、リング・オヴ・ロックピッキング、リング・オヴ・ブリンキング、インフィニット・スクロールケース、スクロール各種、毒いろいろ

正気度損失:なし(人間形態);1d6/1d20(ショゴス形態);1d3(それぞれの形態への変異中に見た場合)


種族能力
粘体の種別:d20SRD
*ソリュシャンは知性を持つ為、精神作用効果に対する完全耐性を失っている。

ショゴス・ロードの特殊能力

包み込み(変則):ソリュシャンは偽足の中の1本で殴打した目標を自分の体の方に引き寄せて包み込み、各ラウンド自動的に3d6+10ポイントのダメージを与える事ができる。自分よりもサイズが1ランク小さい目標を包み込む為に組み付き判定を成功させる必要がある。先祖であるショゴスと同じように、ソリュシャンも獲物の頭をもぎ取るのが好きである。包み込み攻撃の犠牲となった者は食われるか首を落とされるかのいずれかである。

形態維持(変則):ソリュシャンは人間形態またはショゴス形態をとる事が出来る。
しかし人間形態をずっと維持していることは骨の折れる仕事であり、怪我や大きなストレスがある状態で形態維持する為には[判断力]判定(DC15)に成功しなければならない。失敗すれば、外見がさざ波が立ったように歪んだ姿になる。続くラウンドで第2の判定に成功しなかった場合には元のショゴス形態に戻ってしまう。ソリュシャンがショゴス形態のときのサイズは超大型である。

ショゴス・ロードは〈威圧〉技能に+8の種族ボーナスを持つ。

基本クラス:ローグ

急所攻撃:挟撃状態やACに敏捷力ボーナスを加えられない状況にある相手に対する攻撃で+2d6追加ダメージ(アサシンの急所攻撃も累積)

罠探し:難易度が20を越えるような罠を〈捜索〉技能で発見できる。

身かわし(変則):反応STによってダメージを半減できる攻撃に対して、STに成功することでダメージをまったく受けずにすむ

上級クラス:アサシン

致死攻撃:3ラウンド連続で観察した目標に対して、近接武器による急所攻撃を行いダメージを与えた場合、その攻撃に麻痺か即死の追加効果を与えることができる。追加効果は頑健ST(DC15)に失敗すると適用され、麻痺の場合は1d6+1ラウンド持続する。

毒の使用:刃物に毒を塗って使用する際、誤って自分が毒を受けることはなくなる。

秘術呪文発動:アサシン呪文1Lv習得数2

 


このキャラメイクには種族選定からして色々迷った。
本来知性の無いことが多い粘体にクラスレベルを積むことに関しては、ドラゴン誌に粘体を覚醒させる呪文があるからいいとして、人型への変身をどうやって付けるべきか?幻術装備でお茶を濁すにしても大型以上の粘体じゃないと「包み込み」持ってないし。

ようやく思いついたのが強大化ゼラチナス・キューブあたりに擬似呪文能力としてHumanoido Shape(ドラゴンファイア・アデプトの妖術)を覚えさせる手法だが、ここまでくるとNPCじゃなくてオリジナルモンスターになっちゃうし。(火を吐くソリュシャンという事態は避けたかった)

…まてよ人型に変身する粘体といえば元ネタにまんまなヤツがいるじゃないか!
というわけでd20CoCからショゴス・ロードの登場となった。

クトゥルフ神話TRPG第6版が和訳され盛況している現在、顧みられることも少ないd20版だが、このような形で活用する事ができて「とりあえず和訳されたd20絡みは買っとく」という思考停止型D厨の当時の自分に、称賛の声を送りたい。