Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

はじめに

このブログは丸山くがね氏の小説「オーバーロード」について、
そのユグドラシル世界に大きく影響をあたえているであろう、ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版(以降D&D3.5e)視点から、元ネタを考察していく個人的な備忘録です。
オーバーロード」内から出展のものは〈山カッコ〉、D&D3.5e出展のものは《二重山カッコ》で表記しています。
D&D3.5eについては、特に記載ない限り基本ルールブック3冊(PHB,DMG,MM)からの出展です。

自分は3版系で邦訳された分はほぼ全てルールブックを揃えていますが、なにぶん物量が多く未訳まで含めると甚大な量となります。また丸山くがね氏がプレイ経験を明言しているクラシックD&D(赤箱)、ダンジョンズ&ドラゴンズ4版、ソードワールドガープスなどについての知識はほとんどありません。
そのため勘違い、的外れな考察もあるかもしれませんがそこはご了承ください。

追記ログ

2019/7/19「聖王国の聖騎士」描写から見るルール その5
ソリュシャンの不可視化看破能力について追記

2019/7/18 召喚魔法のしくみ
「亡国の吸血姫」での描写について追記

2019/7/14 クラス考察 その1 ほか
「亡国の吸血姫」関係について追記、ココとかココとかココ

2019/6/28「ソス卿はどうしてデスナイトになったんですか?」
デスナイトの特性について追記

2019/1/13 甘い薫りは命取り
D&Dでのブラック・ロータス及び毒について追記

2019/1/11 クラス考察 その1
スペシャリストウィザードについて補足追記

2018/12/25 d20 強さランキング
クリスマスっぽい人を追記

2018/11/11 呪文 その8
〈パーフェクト・ウォリアー〉について追記

2018/10/21 アイテム その1
無限の水差しについて追記

続きを読む

「亡国の吸血姫」描写から見るルール その2

アンデッドになった者の蘇生関係 73pから81pぐらい

どうやらD&D、ユグドラシル、転移後の世界でそれぞれ設定が違うみたい

D&Dでは:倒した後、高位の蘇生呪文であれば生者として復活
ユグドラシルでは:アンデッドからの種族変更はワールドアイテムが必要
転移後では:倒した後、高位の蘇生呪文であればアンデッドとして復活するが、アンデッド化の元凶を取り除けば元に戻ったという記録もある

まあ「亡国の吸血姫」で生者としての復活が不可能だった原因については〈始原の魔法〉やキーノのスキルの絡みもあるので、さらなる検証が必要か。

 

"ちなみにスライムゾンビは存在しない。どんな種族でもゾンビ化、スケルトン化はする。ただし例外的に骨格がない者にはゾンビ化、スケルトン化が起こらないとユグドラシルでは決まっていた" 89p

D&D3版系ではゾンビ及びスケルトン・テンプレートを適用出来る元種族は「(アンデッドを除く)骨格を持つ実体のあるクリーチャー」となっていた。

 

"ゾンビの移動速度は鈍い" 100p

D&D3版系ではゾンビ化すると1ラウンドに1アクションしかとれなくなる。
つまり通常ならば移動後に攻撃orダブル移動、となるところがゾンビだと移動か攻撃のどちらかのみとなってしまう。

このようにゾンビ化はある意味弱体化でもあるため、ヒット・ダイス(オバロでの種族レベル)に対し脅威度(オバロでの難度)は1/3程と他のモンスターに比べるとかなり低い。

 

"信仰系魔法職者の存在が神の力があることを保証している。だからこそキーノは神の力だけを借りるなり、奪うなり、盗むなりして皆を元に戻せないか、という研究も試みた"  92p

キーノちゃんはウルプリーストにでもなるつもりなの?

ソーサラーからじゃ前提条件の1つの<知識:宗教>8ランク以上がかなりきついなぁ。

 

"そんな凄い炎の杖を振り回す炎の巨人の王を倒すなんて出来ないよ"
"剣を棄ててレーヴァティンを取り出した際の余波を食らって" 200p

ユグドラシルではスルトの持っている炎の剣はレーヴァティンでは無く、レーヴァティンは杖という解釈のようだ。
ちなみにD&Dのスルト(神格ランク14、中級神)は超巨大サイズの+5ブリリアントエネルギー・フレイミングバースト・ロングソードを持っている。

 

"装備されているアイテムは、着用者の能力などと結合され、同じだけの抵抗力を持つ。例えば悟がネックレスを装備した時と、地面に落ちたネックレス。同じ耐久力を持っていたとしても簡単に破壊されるのは地面に落ちている方だ" 339p

D&D3.5eでアイテムがセーヴィング・スローしなければいけない状況でのルールはほぼ上記と同じである。
これらのルールをそのまま運用すると地面に落ちたアイテムは魔法の品であってもとても壊れやすい、武器落とし後にファイアーボールかましてくるようなひどいDMもけっこういるので要注意である。

 

"ユグドラシルの場合、金貨はひとまとめにされ重量はない扱いだった。ゲームだからこそだが、その恩恵は今でも受けている。ではこの世界の貨幣は同じ扱いなのか。それとも一枚一枚に荷重判定があり、合計されていくのだろうか。もし、そうだとすると面倒なことになる" 145p

ウォーゲームの影響が色濃く残るAD&D1st、その後継でありシステマチックに進化したD&D3版系では当然厳密な荷重のルールがあり貨幣ほか諸々のアイテムに重量(3版系ではポンド)が決められている。

貨幣の荷重といえば、財宝の全てが銅貨だった為に重くて持ち帰れなかったとかいう古典的嫌がらせが有名であるが(ガイギャックスが息子相手にやらかしていた)そういった面倒事を別にしても、まず荷重計算がめんどくさい。

「鉛筆と紙」でプレイするRPGでは、これはとんでもなくプレイアビリティを損なうルールに見えるだろうが、21世紀の電脳キッズたる筆者は全てエクセルのキャラクターシートにぶち込んで計算していたので、その点については苦労した覚えは無い。

 

 *重量がらみの余談。あなたがもしD&D初心者なら、キャラメイクする時に名前はすぐに決めなくてもいいが、とりあえず体重は決めておこう。

最初の冒険で君が名の知れた英雄になる事は無いだろうが、死体となって引きずられる可能性は高いからだ。

呪文 その29

〈シャイニングバースト/陽光爆裂〉?位階

《サンバースト/陽光爆発》 ウィザード8Lv、ドルイド8Lv呪文

D&D3.5eでの特徴としては半径80ftの[光]の爆発とやたら効果範囲が広いが、呪文Lvに対してダメージはかなり低い。ただし盲目効果がつく上にアンデッドや粘体、スライム、カビ系に対してはダメージが増え、さらにヴァンパイアに至ってはセーヴ失敗すると1発で灰にする事が出来る。

 

〈ファイヤー・ストーム/炎の嵐〉信仰系第?位階

《ファイアー・ストーム/火炎嵐》 クレリック8Lv、ドルイド7Lv呪文

ファイアーボールなどの爆発とは違い、効果範囲は術者がある程度制御できる

 

〈クリエイト・ウォーター/水創造〉第1位階
《クリエイト・ウォーター/水の創造》 クレリック0Lv ドルイド0Lv パラディン1Lv

D&Dだと術者レベルあたり2ガロンの水を作り出す、ナスターシャだと30ℓくらい?
まあ「亡国の吸血姫」によると、0位階の水創造生活魔法が別にあるようなのでD&Dと仕様はちがうかも。

 

〈デハイドレーション/脱水〉第4位階
《Desiccate》クレリックドルイド、 ウィザード各2Lv呪文、上位の複数版(マス)は6Lv

未訳の砂漠環境本「Sandstorm」記載の呪文。生物に乾燥ダメージ+脱水効果、ウォーターエレメンタルや植物にはダメージアップという、まあ亡国の吸血姫での描写とおおむね同じ効果なのだが… 
同様の呪文としては基本ルール記載の《ホリッド・ウィルティング/恐るべき枯渇》ウィザード8Lvなどもあるが、どれも呪文Lvがオバロとけっこう違っているので、たぶん発想が被っただけで元ネタではない。

追記:《Desiccate》のダメージ上限Up版である《Wither》呪文が4Lvにあった。

 

"巻物に似せた罠などがあってね。使おうとした瞬間、大爆発などもありえます" 「亡国の吸血姫」122p

《エクスプローシヴ・ルーンズ/爆発のルーン 》ウィザード3Lv

本や地図、巻物などに書かれたこのルーンを読むと爆発する、D&Dのトラップ用呪文としてはポピュラーなもの。

同様の罠呪文としては《セピア・スネーク・シジル/セピア色の蛇の印》ウィザード3Lv呪文があり、印を記した本を読んだ途端に中からヘビが襲いかかってくるといったものだが、こちらの呪文はヒルマの使用した〈タトゥー・オブ・ヴァイパー/毒蛇の刺青〉の発想元となったと思われる。

 

〈マリオネット/人形化〉 ?位階

あえてD&D3.5eで探せば呪文大辞典収録の《パペッティア/人形操り》バード3Lvが近いか。
この呪文が効いたら対象は術者の真似をするよう強制される、自殺的な行為にはもう一度抵抗(意思セーブ)出来るが、これに成功しても1d4ラウンドの気絶という「効いたら詰み」な呪文である。
自分とこのプレイグループには過去にこれを愛用するバードがいたが、そりゃ脳筋デカブツを操るのは楽しいだろうね。

 

〈ヘルフレイム/獄炎〉第7位階 アインズが使用
ヘルファイアー・ストーム/地獄の業火の嵐》デヴィルの領域7Lv呪文 「不浄なる暗黒の書」初出「魔物の書Ⅱ」で強化

こちらにも書いたが[火]の抵抗では軽減できない地獄の業火を起こす、その代り最大ダメージは低めな呪文。

「亡国の吸血姫」描写から見るルール その1

異世界かるてっと」という題を初めて見た時、なんとなく「この世の彼方の海」みたいな話なのかなと感じたものだが、改めてアニメを見終わった今考えると騎馬戦=〈一なる四者〉と考えればだいたいあってる(そうか?)


閑話休題

"モモンガは自分の骨の手を見て、首をかしげる。自分からは自分の体が普通に見えており、不可知化アイコンが出ていないから、どうも自信が持てない" 16p

この部分、不可知化していても自分が見えるのはユグドラから引き継いだ仕様なのか、それとも現地仕様なのかはわからないがD&Dでは対応する能力を持っていなければ自分の姿も装備品も見えない。
よって巻物などを使用するためには一旦地面に置いてインビジを解除し、見えるようになったスクロールを拾い上げた後読み上げる、などといっためんどくさい小技が当時は当然のように行われていた。

他にも視界が損なわれるような状況に対応するため、巻物整理器の何処に何のスクロールが入っているか記憶しているとキャラシーに明記してDMにアピール、ポーションには 結び玉を付けたヒモを巻き付けて手探りで判別出来るように(当然ラベルには効果を書いておく、自分が死んでも仲間が使えるように)とか色々あったなぁ…

これらルールとリアリズムのせめぎ合いから生まれたテクニックの数々、あんまやりすぎるとプレイアビリティを損なう事になりかねないが、TRPG特有の味としてD&D5版なんかにも引き継いでいって欲しい気もする(老害感)

 

"無論、より上位の明かりが灯るアイテムも幾つか持っている。しかしながらここで強い力を持つマジックアイテムを見せる必要はないと考えた。手札を見せるのはもっと後にすべきだ。それにーつは ヴァンパイアにバッドステータスを与える太陽のごとき明かりを作り出す物だったりする" 43p

D&Dでは吸血鬼が日光を浴びるとバッドステータスでは済まされない、たった2ラウンドで灰になっちゃう。よって"太陽光であるかのように"光を発する呪文やアイテムは対ヴァンパイアの切り札となりうる。
アイテムとしてポピュラーな物は《サン・ブレード/太陽剣》(FFにも継承された)など

 

 "恐ろしい形相となった母の表情だが、それは痛みに耐えているだけではない。
上位の魔法になればなるほど、集中力を要するようになる。無論、それらの魔法を使えるようになるころには術者自身の集中力もまた釣り合うように研ぎ澄まされていくので、通常時には何も問題はない。しかし、こういった特別な時だけは集中する必要が出てくる場合がある" 65p

3.5版と違い技能判定では無くなってしまったがパスファインダーRPGでの精神集中ルールはここ

上記の描写やルールから読み取れるように、呪文の発動妨害のために広範囲の持続ダメージ呪文をというのはかなり効果的である。

ちなみに自分とこのプレイグループでは、ウォーメイジがレッサー・エクステンド・メタマジック・ロッドで持続時間延長したアイス・ストーム呪文をザコ集団や術者相手に打ち込むという戦法が一時もてはやされていた。

 

"キーノは -共に食事を取る父と母も- 右手に嵌めた指輪に視線を送るが、サファイヤを思わせる青の宝石は何も変わらずいつもの色を湛えていた" 53p

まあ指輪に込められたディテクト・ポイズンで毒見をしている描写なんだろうが…
「魔法の存在する世界ならば有って当然の描写」「当然であるが故に詳しくは書かない」というくがね氏のスタンスが良く示されているシーンである。

甘い薫りは命取り

ブラック・ロータス抽出液
接触毒 セーヴ難易度20
初期効果:3d6耐久力ダメージ 予後効果:3d6耐久力ダメージ
製作難易度35 市価4500gp(高っ!)
「ダンジョン・マスターズ・ガイド3.5版」 p295記載

 

のっけからデータを載せといてなんですが、D&Dでもオバロでもなくゴブリンスレイヤーがメインの記事となります。

 

まずはファンタジー小説における麻薬「黒蓮/ブラック・ロータス」登場の流れ

1, 詩人ホメーロスによる古代ギリシア叙事詩オデュッセイア」にて、食べる事により世のすべての苦痛を忘れるという「ロートスの実」が描かれる


2, 上記を元にして、毒や眠りをもたらすという「黒蓮/Black Lotus」(実在しない)の伝承が出来上がる


3, さらに上記を元にして、ロバート・E・ハワードファンタジー小説「英雄コナン」シリーズに、悪い魔法使いが眠る時に使用する麻薬「黒蓮」が登場*1


4, ハワードの影響をうけた作家、小説郡により広まりファンタジーでの麻薬「黒蓮」が定番となる*2

 

 以上を基礎知識として知った上で本題。ゴブリンスレイヤー9巻に登場した「黒蓮」の元ネタがどこから来た物であるのか、情報が錯綜しているためにここで纏めておく。

 

 ゴブスレ9巻では主人公&牛飼娘の話とは別に女神官パーティによる雪山攻略が行われており、ここに登場する「氷の魔女」を倒す為に必要なアイテムとして銀の矢、黒真珠、魔女の髪、黒蓮の名が挙げられている。

この一連の流れはゲームブックファイティング・ファンタジー」シリーズの9巻「雪の魔女の洞窟」*3が元ネタになっている

…のだが。

上記4つのアイテムは「雪の魔女の洞窟」が元ネタではなく、「ファイティング・ファンタジー」シリーズ5巻「盗賊都市」において、ラスボスである闇の王者ザンバー・ボーンを倒すのに必要なアイテム、銀の矢/silver arrow、黒真珠/Black Pearls、魔女の髪の毛/Hag’s hair、ハスの花/Lotus flowerが元ネタになっている

…のだが。

上記のとおり盗賊都市での元ネタは「ハスの花」であっても黒蓮では無い。では更なる元ネタは存在するのか?
実はゴブスレシリーズにおいて「黒蓮」は9巻が初出ではない、ゴブリンスレイヤー7巻特装版のドラマCD「プリーステス・ソリティア*4が初出となる。
そしてこのドラマCDの題名はT&Tソロアドベンチャー「カザンの闘技場」のシナリオ「ソーサラー・ソリテア」が元ネタになっている

 …のだが。

 ゴブスレ公式Twitterでの紹介文「ゴブリンスレイヤー不在のある日、女神官は受付嬢とともに教本で冒険を学ぶ――。 ゴブリンをはじめ、首狩り族、黒蓮の花、マンティコアといった脅威に、女神官はソロで挑めるのか!」
これを見ればわかるように、ドラマCD作中で女神官がプレイするソロアドはゲームブック「ソーサリー」シリーズ1巻「魔法使いの丘」まんまとなっており、女神官が黒ハスの花畑でラリってお陀仏も「魔法使いの丘」のバッドエンドに起因する。よーやく元ネタに辿りついた、なげーよ!

 

 まあブラック・ロータスと見るや元ネタはマジック:ザ・ギャザリングのアレ、と断言する人も結構見られるがこれは短慮と言わざるを得ない。黒蓮1つをとってもこのように膨大なファンタジーの系譜を辿らなければならず、他の細々としたネタでもゴブスレでは広範囲かつ多重的に元ネタがあることが多々であり、読んでいて頻繁に本棚をひっくり返す羽目になる…

 

追記:あらためて話題をD&Dに戻して
D&D3版を作ったのはWotCだからD&Dでのブラック・ロータスマジック:ザ・ギャザリングのカードが元ネタ、という事も当然無い。
D&DではTSR時代、AD&D2ndの頃よりBlack Lotus Extractが存在するし、3版系後続であるパスファインダーRPGにも存在する。
D&D5版には今の所無いようだが、ググってみた感じ過去のデータを元に5版Verを自作しようとするプレイグループも海外のフォーラムでは散見されている。
まあそれだけ海外ファンタジーにおいてブラック・ロータスはありきたりな物という事だ。

さらに余談。D&Dでは伝統的にプレイヤーが毒を使う事には大きな制約が課せられており、マジックアイテムの購入&自作ルールが整備化され、これらの入手が容易くなったD&D3版系においても毒の扱いは未だ厳しい物がある。

とりあえず入手困難、自作するにもけっこうな時間がかかる上に素人が扱ったらそれだけで毒に侵される可能性がある、費用対効果も悪い、そもそも毒を使うこと自体が「悪の行為」とルルブに明記などなど、これらのやっかいな制限の為PCが戦術に毒を組み込むことはまず無い(…無いよね?)。

よって自分が使わないアイテムはチェックしないというマンチ体質の筆者も、この記事を書くまでコアルールにブラック・ロータスが載っている事を知らずにいたわけだがw改めて調べると追加ルール集である各サプリメントにも大量の毒データが記載されていおり、ざっと数えてみたところ和訳された範囲の3.0及び3.5版だけでも毒が87種類に麻薬が13種類!ホント多すぎだろどうしろってんだよ、まったくイカれてるぜ!

まあこれらは「シナリオ通りにやったから&ルールに書いてあるから仕方ない」というDMお得意の殺意の否定、PC虐めのバリエーションを増やす為に存在する。といったわけでもなく、ただ単に「データーは多ければ多いほど良い」というパラノイアがD厨では多数派を占めていたというだけであろう…たぶんね。

*1:おそらく1933/3「象の塔」が初出だが、「不死鳥の剣」が発掘できず手元にはハヤカワ版しかないので詳細を確認出来てない

*2:リン・カーター経由でクトゥルフ神話へとか、日本では栗本薫グイン・サーガ」など

*3:ちなみにゴブスレでは氷の魔女と雪男/サスカッチであったが、元ネタでは雪の魔女と雪男/イエティである

*4:このドラマCDでは蜥蜴僧侶が「飛びかかり」とか妖精弓手が落とし穴に落ちたら「軽業」でとか何気なしに会話しているが、これは確信犯的にD&D3版系ルール用語が元ネタとなっている。ゴブスレ本編では他のゲームブックネタやウィザードリィソードワールドネタなども多いが、D&Dネタに限ってはこの手が好きな世代の想像するクラシックD&Dでは無く、比較的新しいD&D3版系が殆どである

d20 強さランキング

冒険シナリオのマスコット コボルドのミーポ
人型生物(爬虫類)HD1/2 CR1/6

ハーフコボルド ハーフウェアフレッシュレーカー ソーサラー6 /ドラゴン・ディサイプル10Lv 16HD CR19

 

ピザ・ゴーレム
人造 6HD CR3

 

ハーフエルフのタニス *1
ファイター6Lv CR6


"ゴブリンスレイヤー"  *2
ファイター6/レンジャー1Lv CR6

 

"悪名高き" バーグル
ウィザード7Lv CR7


雪の魔女 *3
ヴァンパイアのソーサラー7Lv CR9


"火吹山の魔法使い" ザゴール *4
ソーサラー10Lv CR10


名前を呼んではいけない「鈴木土下座ェ門」
異形 11HD CR13


ピンヘッド
来訪者(アコライト・セノバイト) 10HD CR14


暗黒城の領主 ストラード・フォン・ザロヴィッチ伯爵
ヴァンパイアのネクロマンサー10Lv  CR15


七代目火影 うずまきナルト
デーモンの血脈 タフ・ヒーロー5/デディケート・ヒーロー3/ニンジャ・スカウト9Lv CR18

 

暗殺者 アルテミス・エントレリ
ローグ4/ファイター12/レンジャー1/アサシン1Lv CR18


ドリッズト・ドゥアーデン
ドロウのファイター10/バーバリアン1/レンジャー5Lv CR18

 

ダース・ベイダー
フリンジャー1/ジェダイ・ガーディアン11/シス・ロード6Lv CR18


吸血鬼ハンター"D"
ダンピールのヴァンパイアハンター20Lv CR20

 

サンタクロース *5
ドルイド13/クレリック5/ローグ2Lv CR20


黒薔薇の騎士 ソス卿
デスナイトのファイター7/ロ-グ・ナイト10Lv CR22


リナ=インバース *6
ロアマスター4/ウォーリア1/ウィザード10/ソーサラー8Lv CR23


ロビラー
ファイター24Lv CR24

 

キンメリアのコナン
バーバリアン1/ローグ1Lv CR2

バーバリアン16/ローグ3/ファイター6Lv CR25

 

プラティナム・ドラゴン バハムート *7
竜 53HD CR25


モルデンカイネン先生
ウィザード27Lv CR27


メルニボネのエルリック
ファイター8/ウィザード20Lv CR28


パズズ "下方空中諸王国のプリンス" *8
来訪者 38HD CR29

 

アインズ・ウール・ゴウン魔導王 *9
リッチのネクロマンサー 28HD CR30


九層地獄の帝王 アスモデウス *10
来訪者 35HD CR32


ゴジラ
竜(カイジュウ)32HD 神話ランク10 CR32


ヴァッシュ・ザ・スタンピード
アドヴェンチャラー18/ガン・バニー15Lv CR33


アーカード *11
トゥルー・ヴァンパイアのアドヴェンチャラー30/マーシャル・アーティスト4Lv CR34


オルクス "アンデッドのプリンス" *12
来訪者 45HD CR35

 

プルトニウムドラゴンの雛 *13
竜(アトミック)256HD CR36

 

シャドウデイルの賢者 エルミンスター
ファイター1/ローグ2/クレリック3/ウィザード24/アークメイジ5Lv CR39


"這いよれ!" ニャル子さん
来訪者 35HD 神格ランク15 CR45


ヘカトンケイレス *14
来訪者 52HD CR57


中性子ゴーレム
人造 2500HD CR9721

 

 

HD:ヒットダイス/Hit Dice 種族ヒットダイスとクラスレベルの総計、総合レベルみたいなもの
CR:脅威度/Challenge Rating 強さの指針であり経験値算出などに使われる、オバロで言うとこの「難度」
なおあまり当てにならない事でも有名であり、D厨が言う「強いモンスター」とは単にCRが高いとかよりも「脅威度詐欺」的に強さの割りにCRが低いモンスターを指す事が多い。

*1:廃都ザク・ツァロス攻略後

*2:筆者による推測

*3:ゴブスレ9巻のアレ

*4:ゴブスレ外伝:イヤーワン2巻で討伐対象に

*5:トナカイ8頭はアウェイクン呪文で覚醒済み、魔獣HD4/レンジャー2Lv CR4

*6:スレイヤーズTRY終了時、BESM d20

*7:3.0次元界の書のデータ、神格ランクを持っていないことを考慮してもCRが低すぎる

*8:Dragon誌#329

*9:筆者による推測

*10:正体は世界を創造したサーペントの片割れだとかいう噂がある

*11:出来がアレなTVアニメ版を基にしたBESM d20

*12:ラッパンアスクVer.なおフルパワー状態だと63HD CR41との事、これを20LvPCで倒せとかどんだけ

*13:年齢段階がプルトニウム半減期に対応しており、何万年もかけて成長するごとに弱体&小型化していく

*14:腕が100本あるから100回攻撃とかいうD&Dとは思えないたわけた能力を持っているが、ここに羅列したキャラの中ではSRDでデータが公開されているという点で最もD&D公式かつ一般的なモンスターと言える。
なおゴブスレでは超勇者に倒されていたようだが、さすがにKUMO氏がこのデータを想定して書いたとは思いたくない…