Tomb of the Overlord

オーバーロード 元ネタ考察 備忘録

はじめに

このブログは丸山くがね氏の小説「オーバーロード」について、
そのユグドラシル世界に大きく影響をあたえているであろう、ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版(以降D&D3.5e)視点から、元ネタを考察していく個人的な備忘録です。
オーバーロード」内から出展のものは〈山カッコ〉、D&D3.5e出展のものは《二重山カッコ》で表記しています。
D&D3.5eについては、特に記載ない限り基本ルールブック3冊(PHB,DMG,MM)からの出展です。

自分は3版系で邦訳された分はほぼ全てルールブックを揃えていますが、なにぶん物量が多く未訳まで含めると甚大な量となります。また丸山くがね氏がプレイ経験を明言しているクラシックD&D(赤箱)、ダンジョンズ&ドラゴンズ4版、ソードワールドガープスなどについての知識はほとんどありません。
そのため勘違い、的外れな考察もあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

追記ログ

今更ですみませんが。

2018/9/10 呪文その22
アルシェのゲロについて追記

2018/9/6 呪文その25
〈支配の呪言〉について追記

2018/5/5 呪文その3
転移遅延についてさらに追記

2018/4/22  非実体はアストラル体?
ガープスについて追記

2018/3/26  アイテム その6
ワンド・オブ・リザレクションについて追記

2018/3/21  "ゴブリンスレイヤー"
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワンでの描写について追記

2018/3/17  呪文その5 「聖王国の聖騎士」描写から見るルールその1
クライ・オブ・ザ・バンシーと安寧の権天使について追記

続きを読む

オバロの すごい 薄い本(カレイドスター風タイトル)

オーバーロードの同人誌界隈について。アニメ化初年度あたりはダークホース的存在だったオバロに対し、とりあえず様子見と言った感じでアルベド本(少数)だったのだが次の年になるとプレアデスのみなさん、その中でも特にナーベの存在が目立っていたと思う。
3度のアニメ化で盛り上がっている現状を見るに今後益々薄い本展開されるキャラの裾野は広がってくる事だろう。
(トカゲックスとかカルカ棒とか外道方面が増えても泣かない)

それにしてもまあ、ナーベラルかぁ…

 

自分は以前よりナーベラルという存在自体にくがね氏流の一種皮肉めいたものを感じている。

作中何度もナーベの容姿の美しさについて触れられてはいるが、その正体はアレっすよ!性別すら無いじゃん。
外見はいいとして中身の方も人をムシケラとしか思わないツンデレを通り越してツンドラ状態であり、たとえ声がぬーという神話級の補正が有ろうが、これにヒロインとして萌える事には自分は未だにためらいがある。

そんなナーベの薄い本なのだが、ドッペルゲンガーのエロがD&D的にナシかと言えば、これがアリなのである。


D&D3.5版にて新しく追加されたキャンペーン・セッティング「エベロン」世界、その目玉となるべく追加された新種族の一つ「チェンジリング」について

この種族はドッペリゲンガーと人間の混血により生まれた種族で、特殊能力として回数無制限の「下級変身」を持ち、これを生かして盗賊やスパイを生業としている者が多い。

だがエベロン世界最大の都市を扱ったサプリメント「シャーン:塔の街」によると、この町の娼婦の大部分はチェンジリングが占めているという。

中型サイズ人型生物限定とはいえ、変身能力を駆使したプレイ…エロい!

しかもサードパーティ製の「Book of Erotic Fantasy」やパイゾ記事じゃない、ちゃんと本になった公式設定である。

(まあ基本犯罪組織に属してるので正体隠してヤってるのかも知らんけど)

というわけで、同人誌及び二次創作に励んでる人達には是非ともパンドラズアクターの薄い本展開にチャレンジして戴きたい。


検索ワード「オーバーロード クルシュ エロ」

たどり着いたこのページにご希望の物はありましたでしょうか?
それはそうとすごく直球ですね、とても好感がもてます。

二次創作

主人公 アインズ・ウール・ゴウン
年齢 11歳
種族 エルダーリッチ だが その元ネタには秘密がある
職業 ネクロマンサー
二つ名 漆黒の英雄(モモン・ザ・ダークウォリアー)
外見 真紅のマントと漆黒に輝くフルプレートで身を包み、クローズド・ヘルムを被っている
隠された2枚目のキャラシーを背負っている

モモンはクエストをうけるため冒険者組合に向かった
組合長とあうとモモンに隠された記憶にある剣を見せられた
モモン「これは・・久遠真剣レイザーエッジ!?」
アインザック「永劫真剣レイザーエッジFyinearu(ファイナル)。全ての能力が特化されている。特にブーストが。」
モモン「魔力は?」
アインザック「キーンに、ヴォーパル。そしてディヴァイン・ブラスト。」
モモン「ディヴァイン・ブラスト?」
アインザック「上級神格の神罰兵器をコンパクトにして発動効果にしてみた。まだ試作段階だから乱用は禁物だ。」
モモン「ほう・・凄いな」
アインザック「お前にこれを持つ資格があるかどうか試す・・王都にいって倒してこい・・」
モモン「悪魔が誰にも倒せなくて困ってると最初からいえばいいんだよ・・相変わらず素直じゃないな」
アインザック「フン・・」

モモンはリ・エスティーゼ王国に向かった
ヤルダバオト「魔皇だ!・・おう!」
蟲のメイド「シャー!」
メイド悪魔「よしなさい」
モモン「なめるなよ!『絶対無敵障壁(グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティ)』っ!」
メイド悪魔「ぎゃああああ!」
ヤルダバオト「てってめえよくも手下を!うりゃ!はっ早い!」
モモン「ちがうな!*時間*を止めたんだよ!」
次のヤルダバオトの攻撃を髪一重で簡単によける!後ろに回転して牽制しながら下から剣を振る!!筋力46の二刀流4回攻撃!!!
ズバズバッドバシュッ!
ヤルダバオト「「ぐわっ!
モモンは悪魔を全滅させた!
それを少女が遠くで見ていた
イビルアイ「モモンさま・・ぽっ」
モモンは冒険者組合に戻った
☆バスタードソード『永劫真剣レイザーエッジFyinearu』 を手に入れた!

 

ヤルダバオトの強さはイメージ的にはグラズト(BoVD,CR24)くらいです。
次回以降聖王国編です。

私はな、根本的に自分だけが選ばれたとは考えていないのだ。

アニメ3期8話 及び書籍7巻337p

 

記事タイトルのアインズの台詞は他のプレイヤーの存在を見据えてのものだが、自分はそこにもう一つの「思想」ともいうべき作者の考えを見てしまう。


それは「主人公/プレイヤー・キャラクターだからといって特別な存在ではない、全てのキャラクターは同じ土俵の上で戦っている」という感覚だ。
このような思考はD&D3版系を主としてプレイしてきた人に特に顕著に見られる。

これはなにも「NPCも同じ世界の住人だ」とルールブックに書いてあるから、という訳だけでは無い。

D&D3版系/d20システムではあらゆるキャラクター(1Lv一般人から強大なドラゴン、果ては神様まで)が同一のルールの元にデータが組まれており、モンスターであってもPCと同じようにクラスレベルを取得し様々なカスタマイズが可能となっている。

自然これらデータを運用していくうちにダンジョンマスター、プレイヤー共に「自分たちPCが出来る事は敵/モンスターも出来る」という感覚が芽生えてくることになる。

これによりマスターは世界を箱庭として捉えPCだろうが敵NPC/モンスターだろうが平等に扱いガチ志向となりやすく、一方プレイヤーは生き残る為PCたちはあらゆる状況に対応できるように「強く」ならなければいけない、という強迫観念にも似た感覚を持つことになる。


結果、諸国に名が広まるような英雄レベルともなれば、敵対集団からの占術による情報収集やテレポートからの奇襲、毒による暗殺なども考慮して対策するのが常識であり必須となる。このような世界ではアインズがなろう主人公としては慎重すぎるのも至って普通の事だろう。

 

"だからこそ軍拡は必要なんだ。"

アニメでは削られていたが、書籍では上のアインズの台詞にこれが続く。
まるでD&Dパワーゲーマーの言ではないか(てか結局はそこに落ち着くのね…)

一橋 ゆりえ

元人間のコモナー1 Lv

中立にして善、中型サイズの原住の来訪者

神格ランク:0(準神格/Quasi-Deity)

領域:???

ヒット・ポイント:3

神格特性:ポリモーフ・石化・生命力吸収・能力値吸収・能力値ダメージ・心術及びこれに類する効果への完全耐性、ダメージ減少10/エピック、呪文抵抗32、 [火]抵抗5、不死性

イニシアチブ+0

移動速度:30ft
*神格としては例外的にゆっくりしている

アーマ・クラス:12、対接触12、立ちすくみ12(+2反発)

基本攻撃/組み付き:+0/-1

攻撃:素手攻撃= -1近接(1d3-1)
*非致傷ダメージ

セーヴ:頑健-1、反応+0、意志+1

能力値:筋力8/敏捷力10/耐久力9/知力9/判断力12/魅力14

技能:〈交渉〉+5、〈真意看破〉+2、〈知識:地域〉+1

特技:《コネ》、《ニンフのキス》

常時発動:タンズ、トゥルー・シーイング

擬似呪文能力:ミラクル(1日1回)

 

久方振りの尾道訪問、うだる暑さで茹で上がった脳に思い浮かんでくるのは「結局、ゆりえ様は何の神様だったのか?」という疑問だ。

とはいってもそこはD厨らしく、キャラ再現するとしたら権能(ポートフォリオ)と領域の選択はどれにするべきかという問題なのだが…

色褪せた絵馬を見つめていても答えは出ない。

「聖王国の聖騎士」描写から見るルール その6

"何!? 射撃による魔法妨害!? 特殊技術!?" 252p

D&Dでのこれは回数制限ありの特殊スキルという訳ではなく、戦闘中にできる基本的な行動の一つである。
「アインズが呪文を発動し始めたら攻撃」と宣言し待機すればよい、攻撃が命中したら受けたダメージを基に算出したDCに対し精神集中判定を行い、失敗すれば呪文は失われる。

一見便利な攻撃オプションだが待機からの攻撃ではフルアタックでの複数回攻撃は出来ないため、ダメージを出したいなら普通に攻撃したほうがマシであり、また待機条件が満たされなかった場合(呪文を唱えなかったなど)1ラウンド無駄になってしまう。
同様に待機から呪文を打ち消す方法として「呪文相殺」もあるが、なかなか使いどころは難しい。

まあ今回のように対術者単体みたいな状況なら、使わない手はないだろうけど。

 

"なぜなら彼らは変身中に精神操作系の特殊能力を使って、対話している相手や周囲の者の簡単な表層思考を読み取り" 242p

ドッペルゲンガーは回数無制限でディテクト・ソウツを使用でき、表面的な思考を読むことが出来る。
3.5版ではダーク・ナーガ同様に超常能力だったが、パスファインダーRPGではなぜかドッペルだけが疑似呪文能力に改定され、呪文抵抗などで防がれるようになった。

 

"魔法には有効射程というのがあるが、中にはまるで距離がない魔法などもある。こういった魔法は相手に触れる必要があるので、魔法系職業と戦士系職業などを同時に取るものにしか使いこなせない" 258p

これはD&D3.5eで言う「距離」が「接触」の呪文のこと。

代表的な攻撃のための接触呪文といえば
ショッキング・グラスプ(ダーリンのバカぁー!)
ヴァンピリック・タッチ(HPドレイン)
インフリクト・ウーンズ系(傷開き、悪のクレリック用)
などなど。

ヒットポイントの低い術者クラスが前に出るのは怖いし、敵前で隙なく呪文を使うのには精神集中判定が必要とかいろいろ面倒なので、この手の呪文は自分はあまり使った記憶がない。
武器に接触呪文を込めることが出来る魔法剣士魔法拳士なクラスもあるが、結局このような攻撃的な接触呪文は使い勝手の悪さからか、大量の呪文が載ったサプリメント(ルール集)であっても追加されたものは少なかった。

*ダスクブレードは「プレイヤーズ・ハンドブック2」記載の基本クラス、クラシックD&Dのエルフの再来と謳われる1Lv目から使える魔法剣士クラスである。
下手に上級クラスを混ぜても弱体化するほど完成度の高いクラスだが、真に必要な呪文(シールド、レイスストライクなど)が習得呪文リストから外されているあたりはデザイナーも抜かり無い。

 

マーギロス/魔現人

12巻の説明読んだ時には刺青設定からドラゴンマークとかエルドリッチ・ジャイアントみたいなイメージを持っていたが、13巻のイラスト(女王の"氷炎雷")を見た感じ、「スペル・ウィーヴァー」がビジュアル的にかなり近い。(3版ではMM2収録)

このモンスターはマジックアイテムを好み盗もうとする以外はすべて謎という、「ぼくのかんがえた つよいモンスター」に有りがちな「能力設定以外は適当」を地で行っている。
んで、そのスペル・ウィーヴァーの持つ強力かつ特徴的な能力「呪文織り」はというと、6本の腕を使い呪文Lvの合計が6以下ならば複数の呪文を同時詠唱可能というものであり、こちらの設定が〈頭飾りの悪魔〉の持つ同時詠唱能力の元ネタになっていると思われる。

 

"「絶対無敵障壁!」" 247p

アインズ様特有のクソダサネーミングセンスと流す事もできるが、自分はこれにジャック・ヴァンス的な味わいを感じる…というと贔屓目に過ぎるか。

 

"話のついでに火薬なるものは燃焼反応を示さない" 369p

なんだか真世界アンバーみたいな設定だね。